週末恒例!

今週(1/24〜1/30)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「そういえばこんなこともあったなぁ」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!


①ARバトル開発のGraffityが約1億円の資金調達を実施!今秋「HoloBreak」の正式リリースを目指す

VRニュースイッキ見_ARバトル開発のGraffityが約1億円の資金調達を実施

ARシューティングアプリ「ペチャバト」で知られるGraffity株式会社は、「HoloBreak」の正式リリースのため総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

プレシリーズAラウンドとして行われた今回の資金調達は株式会社ディープコアとEast Ventures、2名のエンジェル投資家を引受先とした新株予約権付社債で行われ、これまでの調達額と合わせると累計調達額は約2.1億円となっています。

今回調達した資金はARシューティングバトル「HoloBreak」の開発費と開発を行うチームへ投資され、2020年秋の日本を皮切りに海外でも「HoloBreak」の正式リリースを目指したいとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-173926/

②ドコモがMagic Leap OneでのMRコンテンツを制作!「DOCOMO Open House 2020」にて登場!

VRニュースイッキ見_ドコモがMagic Leap OneでのMRコンテンツを制作

最新テクノロジーを利用してたクリエイティブ活動を精力的に行っている株式会社ワントゥーテンは、空間コンピューティング技術を使ったMRコンテンツの制作を行ったことを発表しました。

2020年1月23日、24日に開催されたNTTドコモのイベント「DOCOMO Open House 2020」にて発表したもので、ドコモが2019年4月に提携したMagic Leap, Inc.のドコモがMRグラス「Magic Leap One」で体験可能な2つのMRコンテンツが出展されています。

出展されたのは、

MRでウルトラマンとバルタン星人が目の前で戦っているかのような最新の視聴体験ができる「ウルトラマン MR Show」

最新の3DスキャンBOXで作成した自分のアバターをMRでステージ上に登場させることができる「ダンシング★アバター MR」

の2つです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-173987/

③実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」がフジ月9ドラマ『絶対零度』の体験型VRコンテンツに技術協力

VRニュースイッキ見_実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」がフジ月9ドラマ『絶対零度』の体験型VRコンテンツに技術協力

2020年1月23日、メディア工房はフジテレビ主催「平成月9ドラマ大ポスター展」のVRコンテンツ「絶対零度VR」にの技術協力をしたことを発表しました。

今回の技術協力に使われたのは、独自の3D構成プログラムにより簡易的な撮影設備でも高解像度の360°完全自由視点立体映像を作成できる「SUPERTRACK」です。

「絶対零度VR」では、バーチャル空間として作られた「未然犯罪捜査対策準備室」へ潜入し、ドラマのキャラクターの案内で作中のリアルな世界観を体験できる内容となっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-173942/



④AR・VRライブアプリ「SHOWSTAGE」で「まりなすSHOWSTAGE 2ndSeason」開催!

VRニュースイッキ見_AR・VRライブアプリ「SHOWSTAGE」で「まりなすSHOWSTAGE 2ndSeason」開催

avexがプロデュースする初のバーチャルダンス&ボーカルユニット「まりなす(仮)」のメンバーが、AR・VRバーチャルライブアプリ「SHOWSTAGE」にて週替わりでパフォーマンスを披露することになりました。

「まりなすSHOWSTAGE 2ndSeason」と題されたこのイベントは2020年2月2日・9日・15日・23日に開催され、初日の2月2日(日)は、燈舞りん、音葉なほ、鈴鳴すばるによる様々な組み合わせが楽しめる全4公演が予定されています。

さらに、初日2日の17時からの初回公演はお試し開催として無料開放され、また、2週目以降のイベントでは東雲めぐ、Re:AcT所属の獅子神レオナ・花鋏キョウなどのゲスト出演も決定しているとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-174062/

⑤遂に出た!?ARコンタクトレンズ「Mojo Lens」が登場

VRニュースイッキ見_ARコンタクトレンズ「Mojo Lens」が登場

世界最小サイズのコンタクトレンズ型ARデバイスが登場し、世界中で大きな話題となっています。

今回発表された「Mojo Lens」は装着すると気温など外界の情報やメールなどの通知、健康情報などが視界に表示されるもので、かねてよりARコンタクトレンズの研究・開発に取り組んできたMojo Visionが開発したものです。

現在、「Mojo Lens」は米治験審査委員会(IRB)の承認のもとで臨床研究を行なっており、まずは低視力・視覚障害の人向けのサポートデバイスとしての活用を目指していくとの方針が明らかにされています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-173908/

まとめ

今週前半はVR/AR/MRイベントのニュースが多い印象があります。

イベントが多くなるにつれて、イベント参加に利用できるデバイスの種類も増えてきていると感じます。

そんな中ついに目に装着するコンタクトレンズ型のデバイスも登場したことで、VR/AR/MRのイベントもますます簡単に参加できる時代が到来しつつあるのではないでしょうか。

そうなるとVR/AR/MRイベントが日常的に開催されるようになるかもしれませんね。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRニュースイッキ見!【前編】「ARコンタクトレンズ「Mojo Lens」が登場」など注目記事を振り返り!!