株式会社理経と東広島市消防局と広島大学は、VRを活用した「土砂災害体験・訓練用コンテンツ」を共同で開発し、2019年5月24日(金)より提供開始したことを発表しました。


VRを活用した土砂災害体験・訓練用コンテンツについて

土砂災害体験・訓練用コンテンツは、平成30年7月に発生した西日本豪雨災害における東広島市消防局と広島大学防災・減災研究センターの研究を活用して、土砂災害発生に起こり得る事象をVRで再現したものです。

土砂災害現場の調査や、被災された人々の話から

・避難準備

・避難行動の判断

をいかに適切にできるかが大変重要、ということが明らかになったことから、土砂災害体験・訓練用コンテンツが開発されました。

コンテンツでは、西日本豪雨の土砂災害発生前から災害発生に至るまでの

・気象状況

・住宅付近の状況

が再現されており、災害の疑似体験をすることで、避難のタイミングなどについて体験・学習することができます。




特長

平成30年7月に発生した西日本豪雨の状況を基に、被災状況がVR内で忠実に再現されていることが大きな特長です。

VRゴーグルを使用することで、360度の臨場感溢れる映像を体験することができ、

・のぞきこむ

・しゃがむ

といった動作も可能になっています。

体験シナリオ制作では、実際に被災された方々の協力により、実体験に基づいた状況が再現されています。

まとめ

大学・自治体・民間企業による、豪雨の土砂災害を対象とした災害体験VRの共同開発は全国初となります。

VRによる災害体験は、バーチャル世界の没入感や臨場感によって意識改革を促せることや、目新しさから防災学習への興味を高めることができるなどの観点から、意識の維持向上につながると考えられていて、土砂災害のみならず地震や火災・洪水など防災に関するVRコンテンツも多数リリースされています。

理経社でも防災に関連した取り組みに注力し、より多くの人に防災へ目を向けてもらいたいとの考えから、土砂災害以外にも、ゲリラ豪雨などによる河川氾濫を疑似体験できるVRコンテンツの開発も進められています。

実際に災害を体験しないとその恐怖を強く感じることはできず、本当に必要な防災対策をすることは難しいのが現状ですが、リアルなVR映像で災害を現実的に体感できるコンテンツがこうして増えていくことで、災害に対する意識改革が進むことを期待します。

ソース:「株式会社理経」プレスリリース[PRTimes]




Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「土砂災害をVRで再現!消防などが災害体験VRコンテンツを共同開発