株式会社フジテレビジョンは、株式会社NTTドコモと共同で2020年にサービス提供開始を目指している第5世代移動通信方式(5G)の実証実験として、公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と協力して「ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL」を開発し、2018年12月6日から東京ビッグサイトで開催される「DOCOMO Open House 2018」において一般公開することを発表しました。


「ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL」とは

「ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL」は、10月27日に開催された「2018JリーグYBCルヴァンカップ決勝戦~湘南ベルマーレVS横浜F・マリノス」の試合を、AR技術を活用し、タブレットやスマートフォンを通してテーブル上に立体的に再現するコンテンツです。

本コンテンツは、試合会場となった埼玉スタジアム2002に設置された複数のカメラ映像から選手やボールの位置情報を解析し、取得した位置情報と視聴端末の6DoF(自由度)情報を元に、サーバー上で試合の様子をCG化し、ARによる3次元の立体的で俯瞰的な観戦を実現しています。

5Gの高速・大容量・低遅延により、コンピューティングの大部分をクラウドサーバーに振り当てることが可能となり、視聴端末に依存しないリアルタイムAR観戦が可能となっています。

視聴者は、実際の試合とリアルタイムに連動するARにより、立体的なスタジアムで繰り広げられる全く新しいサッカー観戦を体験できます。



「ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL」概要

タイトル:ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL

企画:フジテレビジョン

制作:フジテレビジョン・NTTドコモ

協力:Jリーグ・株式会社ユビタス・株式会社Qoncept

一般公開:DOCOMO Open House 2018

展示場所:[カテゴリ]5G Experience [展示番号]M-08

「DOCOMO Open House 2018」 概要

名称:DOCOMO Open House 2018

会期: 2018年12月6日(木)~7日(金) 9:00~18:00

会場:東京ビッグサイト

住所:東京都江東区有明3丁目11−1

料金:無料(事前登録制

主催:株式会社NTTドコモ

まとめ

フジテレビとドコモは「5Gを活用したアプリケーションに関する共同実証実験」として2017年より、デモコンテンツ「ジオスタ」の共同開発を行っています。

「ジオスタ」は、立体的に再現されたジオラマ上にARでスポーツ選手を合成し投影された映像を楽しむことができる新体感コンテンツで、これまでにサッカー、F1レースなどの検証が行われています。

今回のコンテンツは湘南ベルマーレが悲願の初優勝を遂げた「JリーグYBCルヴァンカップ」ということで、あの熱気は伝わらないかもしれませんが、試合全体を俯瞰的に見ることができたり、同時に選手情報もわかるなど試合内容を緻密に分析する名監督になった気分が味わえそうですね。

ソース:「ジオスタ 2018JリーグYBCルヴァンカップFINAL」プレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「5GでリアルタイムARサッカー鑑賞!フジTV×ドコモ「ジオスタ」最新作公開!