株式会社ジョリーグッドと、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 メディカル カンパニーは11月5日(月)、医療研修VRについて共同開発することを発表しました。


名医の手技を間近で何度でも体験可能!医療研修VR!

医療研修VRは、ジョリーグッド社が開発している人材育成ソリューション「Guru Job VR」の医療従事者向けとして開発が行われており、その第一弾として不整脈の一種である心房細動治療の名医による手技をVR化したものです。

医療研修VRでは、実際の治療を行う医師と同じ視点で手術を体験することができ、名医が監修する解説とともに手技を習得することが可能になっています。

それにより技術向上だけではなく、研修にかかるコストや時間の軽減にもつながります。

医療研修VRの特徴

・名医の手技を、解説や医療機器情報とともに間近で見ることができる。

・何度でも繰り返し体験することで、確かな技術の習得を実現。

・症例のプライバシー保護対策や、衛生対策において行き届いた配慮が可能。

・時間、移動、費用面でのコストが大幅に抑えられる。

医療研修VR 第一弾について


ジョンソン・エンド・ジョンソン社のバイオセンスウェブスター事業部の疾患領域となる不整脈の診断及び治療を支援する機器「CARTO®3」(カルト スリー)を用いた、カテーテルを用いた不整脈の原因を取り除く治療法である「カテーテルアブレーション治療」を高精度360度カメラで撮影し、映像化しています。

手術室のスペースの都合から、医師の見学人数に上限がある手術の現場をVR化し研修に用いることで、遠方の医療機関でも実際の治療の現場にいるような臨場感ある医療研修が可能になります。



医療研修VR開発の背景

心房細動は心房と呼ばれる心臓の一部が小刻みに震え、心臓が十分に機能しなくなっている状態や症状で、潜在的な患者数も含めると国内でも100万人を超えるといわれています。

また脳梗塞をはじめとした合併症を併発するリスクもあることから、早期診断と治療が必要とされています。

心房細動の治療法の1つである「カテーテルアブレーション治療」は、他の方法に比べ治療時間の短さや、手術の際の傷の小ささから患者さんへの負担も軽く、一回の手術で治せる可能性がある注目の治療法となっています。

画期的な治療法が生み出されても、実際の治療の現場では、限られた人数しか見学ができないことや名医から直接指導を受けることが難しいなど、名医の技術を伝えることは難しいとされ、手技の浸透に時間を要することが課題となっていました。

その課題を解決する為に「医療研修VR」が開発されました。

まとめ

高精度なVRコンテンツで、いつでも、どこでも、何度でも臨場感のある手術の体験、研修が行えることが医療従事者にとってもメリットが大きいですね。

医療分野はVRの活用が期待されている分野ですが、今回の開発により実際に利用が進み、医療に生かされていくことで、さらに医療分野でのVRの利用が促進されるでしょうね。

ソース:医療研修VRプレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「名医の手技をVR体験で習得!医療研修VRを共同開発!