株式会社ジョリーグッドは10月9日(火)、株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーと共同で高精細VRサービス「吉本新喜劇VR」を提供開始することを発表しました。

「吉本新喜劇VR」は10月11日(木)より、なんばグランド花月劇場内の特別サービスとして提供されます。


「吉本新喜劇VR」とは?

なんばグランド花月劇場で公演されている吉本新喜劇。

「吉本新喜劇VR」は、そんな吉本新喜劇に出演している人気芸人たちと同じ目線で公演を360度VR体験することができるサービスです。

ユーザー自身が出演者となって吉本新喜劇に参加しているような体験をすることが可能で、人気キャラの“すち子”や、大御所の池乃めだかといった人気芸人を間近で見ることができます。

イメージ

※VRイメージ画像

VRだから実現した吉本新喜劇の新しい楽しみ方

ユーザーはなんばグランド花月の舞台上で出演者の一人となり、公演リアルにを体験することができます。

実際の舞台セットの中に入り込んで目の前で繰り広げられる芸人たちの生の掛け合いと客席からの笑い声からは、観客席で観る新喜劇とは異なる面白さを感じることができます。

人気キャラの登場シーンからオチまで、何度も巻き起こる笑いを出演者の一人となったような感覚で疑似体験することが可能です。

イメージ

※VRイメージ画像




なんばグランド花月「吉本新喜劇VR」概要

場所 大阪府大阪市中央区難波千日前11番6号 なんばグランド花月・劇場建物内
日程 10月11日(木)よりサービス開始
料金 1回 500円
※なんばグランド花月の公演チケット、または公演チケットの半券をご提示で300円(200円割引)

なお、「吉本新喜劇VR」は、ジョリーグッド社が提供している高精細VR開発サービス「GuruVR」で開発されています。

「GuruVR」とは

「GuruVR」は、大規模・複数台収録に対応した高精度VR制作サービス。

大規模イベントなどの迫力あるハイクオリティな360度VR映像を製作することができます。

「GuruVR」公式サイト

まとめ

10月11日(木)よりなんばグランド花月劇場にて、高精細VRサービス「吉本新喜劇VR」が開始されることが発表されました。

これはHMDを被ることで劇場やテレビでおなじみの吉本新喜劇の出演者の1人となることができ、人気芸人たちが間近で見れるほか、ツッコミやオチなどを体感できるものになっています。

普段観客としてしか観ることのできない新喜劇を出演者目線で見れるなんて、まさにVRならではの楽しみ方ですね。

こういった使い方があったのかと驚くばかりです。

ソース:「吉本新喜劇VR」プレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRで吉本の人気芸人と共演!「吉本新喜劇VR」サービス開始!