駐車監視員による駐車違反の取り締まりでは理論上、車のナンバーがわからないと入力端末に登録できないため取り締まりができません。そこで、駐車違反でナンバープレートを外したりガムテープで覆ったりした場合、駐車監視員はどう対応するのでしょう。実際、国土交通省によれば、駐車中のクルマにはナンバーの表示義務はありません。

駐車違反逃れできないナンバー隠し

駐車監視員向けの駐車違反マニュアルには、とくに二輪車の駐車違反について「ナンバープレート外しには『車体番号隠し』も組み合わせて行われる場合が多い」と記載されているほど。駐車違反でナンバーを隠すとどうなるのでしょう。

ナンバープレートが外される、またはカバーで不可視化されている場合、駐車監視員は車体に刻まれた車体番号で確認をすることが可能。ナンバープレートが隠れていても、駐車違反からは逃れることはできません。

実際、ナンバープレートをビニールで隠してヒモで固定していた原付バイクが、駐車違反で取り締まられていたという報告もあります。ナンバーを隠して駐車違反している二輪車は、車体番号があれば十分取り締まりの対象です。

駐車違反逃れは監視員が警察に連絡

ただし「車体番号も見えなくして放置されるケースがあるため、監視員はこれらの二輪車を発見しても、確認作業を避ける傾向がある」とマニュアルにはあります。とはいえ車体番号の改ざんは、道路運送車両法違反として処罰の対象です。

二輪車は外から車体番号を確認できますが、クルマとなると事情が違います。外部からは車体番号を確認できません。駐車してから前後のナンバーを被覆して隠せば、理論上、駐車監視員は手を出せないことになります。

しかし、こういった悪質な駐車違反逃れでは、駐車監視員は警察に連絡するはず。警察によって、運転者が戻ってきたところを道交法違反(駐車違反)で逮捕、実名報道させて見せしめとする…という可能性もあるでしょう。駐車違反は迷惑行為。交通ルールを守りましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「

A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Undefined index: article_url

Filename: templates_c/20c7c8948f678aae8743c2f50cff87705295e98a.file.article.tpl.php

Line Number: 183