「ゲームボーイアドバンス(GBA)」は、TFT反射型カラー液晶でバックライト非搭載のため、とにかく視認性が悪いのが難点でした。レトロゲームマニアの間では、長らくGBASPのフロントライトを移植するキットが重宝されてきましたが、最近はIPS液晶に換装できるキットが登場。明るくキレイな画面で、往年のゲームをプレイできるようになっています。

ゲームボーイアドバンスの液晶を交換

というわけで、GBAのIPS液晶交換に加え、USB充電式バッテリー化&スピーカーユニットの強化改造を紹介しましょう。具体的には、暗くて見にくいTFT液晶をIPS液晶に交換することで視認性を大幅にアップ。視野角も格段に向上します。「GBA IPS液晶基本キット」の実勢価格は7,980円です。

さらに、従来の単3形乾電池×2本での給電を、USBPD対応の1,700mAhリチウムバッテリー仕様に変更。「USB-Cバッテリーパック」は実勢価格5,500円です。スピーカー強化は経年劣化で音割れが気になるようになったスピーカーをパワーアップ。「サウンドモジュール」の実勢価格は2,000円です。

改造の手順はまずは分解から。背面のネジを外し、外装を取り外します。基板を固定しているネジを取ったら、液晶パネルのフラットケーブルを基板から抜きます。液晶はスクリーンパネルに両面テープで貼り付いているので、ゆっくりと剥がすのがコツです。

GBAにIPS液晶用のスクリーンパネル

合わせて、両面テープとスクリーンパネルも外してしまいます。続いて、IPS液晶を取り付けるためのケースの加工です。映像表示部が純正よりも少し大きいので、ケースのふちを削りサイズを調整します。終わったら、IPS液晶の制御基板を固定し、付属のスペーサーを取り付けたら完成です。

スピーカーの換装は、まずメイン基板からスピーカーユニットを取り外します。次に、アンプキットを基板に両面テープで固定して配線。ハンダ付けしたら固定用テープをケースに貼り、スピーカーを設置。ここまでできたら、GBA基板・外装ケース・IPS液晶パネルを一体化させます。

バッテリーはケース裏面のバッテリーホルダーに固定するので、単3形乾電池用の突起を切り落とします。バッテリーを仮留めし、USBポート部分をマーキング。USBケーブルを挿せるようにケースを加工します。

バッテリーを設置し、基板ユニットも両面テープで固定。外装をすべて元に戻したらGBAにIPS液晶用のスクリーンパネルを貼り付けて完成です。交換キットの外装は、一部サイズが合わない部分もあるので、適宜加工して収めるようにしましょう。

【関連リンク】
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ゲームボーイをIPS液晶に交換して現代仕様に改造