いよいよ9月1日からスタートした「マイナポイント」。マイナンバーカードとキャッシュレス決済をセットで登録すると、利用金額に応じてキャッシュレス決済のポイントとして還元が受けられる仕組みです。じつは、PASMOのようにポイントの仕組みがない交通系ICカードでも還元が受けられます。

マイナポイントは各社ポイントで還元

2020年9月1日~2021年3月31日に政府が実施する「マイナポイント事業」は、マイナンバーカードを作成した人限定で、キャッシュレス決済の利用で政府負担で上限5000円で25%を還元するというものです。つまり、2万円をキャッシュレス決済すると5000円が戻ってくる仕組みになっています。

マイナポイントの還元を受けるには、マイナンバーカードを作成したうえでマイナポイントの利用登録を行い、さらに還元を受け取るキャッシュレス事業者を1社指定して登録する必要があります。

還元分については各キャッシュレス事業者のポイントとして配る仕組みで、三井住友カードであれば「Vポイント」、dカードであれば「dポイント」で還元されます。ところが、マイナポイント対応のキャッシュレス決済事業者のなかにはPASMOのようにポイントプログラムがないものも含まれているのです。

PASMOのマイナポイントはATM受け取り

PASMOには、東京メトロに乗車すると貯まる「メトポ」や、京王電鉄路線への乗車や系列会社などのショッピングで貯まる「PAS×PASポイント」といったものがあります。しかし、これらはいずれも各鉄道会社の独自サービスで、PASMO自体のポイントプログラムはありません。

また、マイナポイント対象の交通系ICカードではPASMOのほかにKitaca・TOICAにもポイントプログラムがありません。これらの交通系ICカードをマイナポイントへ登録した場合、還元分はどのように受け取るのでしょう。じつは、PASMOとKitaca・TOICAの場合、ポイントではなくチャージ金額として受け取るのです。

そして、このチャージ金額はセブン銀行が行っている「ATM受け取りサービス」を利用して受け取ります。PASMO・Kitaca・TOICAでマイナポイントが貯まると、登録したメールアドレスに提携先コード・整理番号・お客様番号が届くので、セブン銀行ATMでそれを入力し、ICカードをタッチすれば受け取り作業は完了です。

セブン銀行ATMがある場所まで行かなければならないという点で、PASMO・Kitaca・TOICAでのマイナポイント還元は、自動的にポイントが還元される他のサービスより手続き的には複雑。一方で、マイナポイント還元をチャージ分としてそのまますぐ使えるという点はメリットといえるでしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「PASMOで「マイナポイント」還元を受け取る方法