現在、NEXCO東日本・中日本が発売する「ETC乗り放題プラン」は、活用次第で高速料金を大幅に節約できます。しかし、ETC乗り放題プランにはさまざまなルールがあるため、知らずに使うと思わぬ追加料金が発生してしまうこともあります。ETC乗り放題プランをフル活用するためのテクニックを紹介しましょう。

ETC乗り放題プランで利用する発着IC

NEXCO東日本・中日本が発売する「ETC乗り放題プラン」は、基本的には「出発エリア&周遊エリア」の組み合わせか、「周遊エリア」のみのいずれかになっています。

出発エリアが指定されているETC乗り放題プランの場合、行き帰りともエリア内のICを利用しなければなりません。例えば、圏央道の八王子西ICから南側が指定になっている場合、あきる野ICを出発にするとETC乗り放題対象外なので、一旦八王子西ICでの乗り直しが必要です。

ただし、出発エリア内なら行きと帰りの発着ICは同じでなくてもOK。例えば「八王子西IC・高井戸IC・東京IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・上野原ICに囲まれた区間」と指定されていた場合、行きは首都高経由で高井戸ICを通過、帰りは東名高速利用で東京ICで降りるといった利用も可能です。

そして、周遊エリアに入ったら、最初にエリア内のICで降りないとETC乗り放題プラン対象外になってしまいます。出発エリアは指定通りでも、周遊エリアを通過して対象外ICで降りた場合、その走行はすべてETC乗り放題プラン対象外になってしまうのです。

ETC乗り放題プランの期間をフル活用

ただし、これは最初に降りるICだけの制限で、一旦周遊エリアへ入ったあとなら、周遊エリア外に一旦出ても差額を払えば大丈夫。周遊エリアが藤岡JCT~碓氷軽井沢ICとなっていて松井田妙義IC~佐久平ICまで往復した場合、碓氷軽井沢IC~佐久平IC分が追加料金です。

また、ETC乗り放題プランの有効期間は、始まりが周遊エリア内で最初乗り降りをした時刻から、最後に乗った時刻まででカウントします。

すなわち、利用前日夜に出発して当日に周遊エリアで降りるのはOK。有効期間内の夜に周遊エリア内のICで乗り、翌日早朝に帰着しても問題ありません。ETC乗り放題プランを期間ギリギリまで使うことで、さらにお得に活用できます。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「割安なETC乗り放題プランを期間ギリギリまで使う