警察業務の交通部門を担当するのが「交通部」。そして、交通部の花形部署といわれるのが「交通機動隊(交機)」と「高速道路交通警察隊(高速隊)」です。交通機動隊と高速隊のパトカーは、一般道を警らしているパトカーとは「似て非なるもの」。彼らが使う交通パトカーを詳しく見ていきましょう。

交通機動隊と高速隊の大きな違いとは

パトカーや白バイを使って交通違反の取り締まりを行う「交通機動隊」と「高速隊」の大きな違いは、交通機動隊が一般道を担当し、高速隊は高速道路や有料道路を担当することにあります。

ただし、交通機動隊が交通違反の取り締まりを専門とするのに対し、高速隊は事故処理やパーキングエリアなどで起こった事件捜査も任務。高速道路を含む有料道路で起きた事件はすべて、高速隊の担当となるわけです。

そんな交通機動隊と高速隊は、街中をパトロールしている「警らパトカー」とは違って「交通パトカー」を使用しています。200系クラウンの場合、どちらも同じロイヤルがベースでも、交通パトカーが3,000ccのハイパワーモデルに対して、警らパトカーは2,500ccの廉価版です。

交通機動隊のパトカーは白い箱がない

さらに、210系クラウンの場合、ロイヤルに2,500ccまでしか設定がないため、交通パトカーには3,500ccの設定のあるクラウンアスリートを採用。排気量がアップしているだけでなく、フロントグリルなど外観が大きく違っています。

しかも、交通機動隊や高速隊には覆面パトカーも在籍。210系クラウンの覆面パトカーも同様に、3,000ccから3,500ccに性能がアップしています。交通違反専門の交通機動隊員の運転技量と相まって、スピード取り締まりで猛威を奮いそうです。

そのうえ、交通パトカーはスピード違反を取り締まる際は道路交通法上、速度無制限で走ることが可能。このため、交通機動隊と高速隊のパトカーを見分ける特徴を知っておいて損はありません。

白黒パトカーなら赤色灯がルーフに直接載っているのが交通パトカー、白いボックスの上に載っているのが警らパトカーです。白い箱がないパトカーは、交通機動隊だと思って間違いないでしょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「交通機動隊パトカーの特徴を知っておくべき理由