スマホの2台持ちが一般的になりつつありますが、2台をうまく使い回せず、サブ機のスマホを持て余している人も多いでしょう。そこで導入したいのが、プリペイドSIMの「AIRSIM」。1日単位、3日単位、15日単位と、使いたい時だけスポット的に利用できるプリペイドSIMカードです。

AIRSIMは特別なプリペイドSIMカード

「AIRSIM」は、ふだん使っている電話番号を使っての音声通話が可能なプリペイドSIMカード。しかし、発信のみで着信は非対応です。通話を利用する場合は「AIRTALK」アプリから設定を行います。

「AIRSIM」は「Soft SIM」と「Over-the-AIR(OTA)」技術を備えた特別なSIMカードです。専用アプリ「AIRSIM ROAM」と組み合わせて使用。カードに利用金額(HKドル/USドル)をチャージしておけば、いつでもどこでも自由に利用を開始・停止できます。

価格は、国内利用の場合で1日当たり約140円と手頃。1か月使うとそれなりに高くなりますが、月に数回しか使わないサブ機での利用にはぴったりでしょう。世界100か国以上で通信可能なので、海外旅行が多い人にもオススメです。

AIRSIMは日割りや半月単位で利用可能

AIRSIMの各国の利用料金表を見ると、日本では1日当たり約140円のほか、アメリカは126円、ベトナムは224円となります。日割りや半月単位で利用でき、使わない時は寝かせられます。もちろん維持費はかかりません。

「費用を最大限に抑えてサブ機を運用したい」「2枚挿しできるスマホにセットして、メインSIMの容量不足を補いたい」。そんな要望に応えてくれるのが、日本国内利用専用の「CALENDARS SIM」です。

最安プランは、月1GBで2年契約(+1か月分が無料で付く)。一括払いで5,100円となり、キャッシュレスの5%還元を利用すれば、月194円と激安になります。しかもMVNOではなく、ソフトバンク回線を利用しているため、通信速度は良好です。

昼間の混んでいる時間帯でもレスポンスよく使えます。帯域制限するタイミングがちょっといい加減なので、一気にダウンロードなどすると1GB以上利用できるなどの小技が効くのも魅力かもしれません。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「1日140円で使える「プリペイドSIMカード」とは