高速道路はETCを利用するのが便利ですが、もちろん現金やクレジットカードで通行料金を支払うこともできます。しかし、クレジットカードを忘れたうえに現金の持ち合わせも不足…となったときはどうすればよいのでしょうか。高速道路に乗ったはよいものの降りられないのかといえば、そんなことはありません。

高速料金を後払いする時の支払期限

NEXCO3社の高速道路や本四高速の路線では、現金・クレジットカード利用の場合は入口料金所で通行券を受け取り、出口料金所で通行料を支払うシステム。この場合、仮に財布を忘れて出かけても、高速道路に乗ることができてしまいます。

もしETCカードもクレジットカードもなく、気づいたら料金所で現金が足りない場合はどうなるのでしょう。実は、高速道路の料金は「後払い」が可能。料金所の窓口職員に現金がない旨を告げると、運転免許証で身分を確認の上、後払いの手続きをとってくれます。

後払いの方法は料金所によって異なっていて、支社などへの銀行振り込み対応や現金書留で受け付けているところもあります。いずれにしても、支払期限は通行後10日間。これを過ぎると督促状が届き、場合によっては割増料金がかかってきます。

高速のクレジットカードはサイン不要

また、延滞や利用限度額オーバーでクレジットカードが利用停止になっているETCカードはどうなるのでしょう。実は、店舗などで使うクレジットカードと違って、ETCカードは有効期限のチェックしか行っていないからです。

このため、クレジット会社発行のETCカードは、限度額超えで利用停止になっていてもゲートは通過できてしまう可能性が高いということ。まずは料金所を通過する安全性を重視しているのでしょう。

このほか、高速料金の支払いについて意外と知られていないのが、クレジットカードで払う場合はサイン不要ということ。また、「ETC/一般」レーンを間違って未払いで通過したら、後日、申し出て支払いを行えばOKです。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高速の料金は財布を忘れても「後払い」できる?