「マル暴」とは広域指定暴力団対策などを扱う刑事や部署を意味する警察用語。部署としては刑事部捜査第4課に当たりますが、警視庁では組織犯罪対策部第4課として独立しています。マル暴は柔道や空手の有段者などバリバリの武闘派が集う場所。退官まで30年以上、捜査第4課畑を歩いた元マル暴刑事に話を聞きました。

マル暴刑事は警察学校で教官に反発

マル暴といえば、刑事の中でも血気盛んな人間が目指す部署だったもの。新人警察官には大学で体育会系だった人や応援団などの硬派な人間が多く、そもそも警察官になる前に、暴力団と渡り合ってきたような猛者もいたといいます。

「そんな時代でしたから、私も警察学校での教育なんか生ぬるく、教官に反発していたぐらいです(笑)」とのこと。「よっぽど大学での体育会の生活の方がツライ。先輩のいうことが絶対の完全な縦社会で生活してきましたから」と振り返ります。

このためか「私が若い時は、街で暴力団員が肩で風を切ってエラそうに歩いていたら即刻しょっぴいてました」とか。「彼らは甘やかすと、とことんつけ上がります。だから徹底的に取り締まって顔を売るんです」といいます。

とはいえ、マル暴刑事はただ厳しいだけではダメ。例えば、取り調べにもテクニックがあるのです。それは「彼ら暴力団員は普段、人間扱いされない面があるので人間として扱ってやる」ことだと話します。

マル暴刑事のヤクザを表す警察用語

「まずは下調べして、母子家庭だったら家族関係のネタに弱いなとか相手の弱いところを把握するんです。その上でシビれるセリフをいうんですよ」とのこと。例えば「我々は人を憎まず罪を憎んでるんだよ。あんただって同じ人間だ。切れば赤い血が出るんだろ。法律には血も涙もないけど、そこに血を入れるのがオレの仕事なんだよ」といった具合です。

マル暴刑事には武闘派が集うという特徴だけでなく、独特の警察用語もあります。例えば、ヤクザを表す警察用語だけでも「看板背負っている」「スミ背負っている」「ゲソつけてる」「スジモン」など多様です。

マル暴刑事の警察用語で「刺青」は銃撃事件の火薬の飛散痕、「エンコ詰めてる」は暴力団を辞めているという意味。「踊る」は暴れること、「親・チャカ」は鉄砲、「子・ギョク」が弾丸になります。

このほか、「Z号」が暴力団関係者照会。「マルB・マルG」は暴力団関係者、「面ぐれ」は顔を知っていることを意味します。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「マル暴刑事が使う「ヤクザ」を表す警察用語は?