刑事ドラマでもおなじみですが、警察官には警部補や警部といった階級があります。警察官は左胸に階級章を付けていて、ラインの数と金ピカ度が増すほど偉くなるシステムです。そして、警察官は階級で国家公務員か地方公務員かが変わります。警察官は同じ職場に国家公務員と地方公務員が混在しているのです。

警察官は警視正以上が国家公務員扱い

日本の警察では警察法第62条により9階級に区分され、警察官は上から「警視総監・警視監・警視長・警視正・警視・警部・警部補・巡査部長」、そして採用されたばかりの新人は「巡査」となります。

また、巡査と巡査部長の間に「巡査長」という階級もありますが、これは正式な階級ではありません。勤務成績が優秀で実務経験も豊富ながら、昇任が困難もしくは昇任試験を受けない巡査が任命される、一種の名誉階級です。

なお、警察庁のトップは「警察庁長官」ですが、これは他省庁の事務次官に相当するため階級制度が適用されません。さらには、階級によって国家公務員と地方公務員に分けらることも、警察官という職業の大きな特徴でしょう。

警察官で地方公務員となるのは巡査から警視まで(警察庁勤務を除く)。警視正以上は都道府県警に勤務していても国家公務員扱いとなり、この身分にあるものを地方警務官といいます。つまり、警察官は同じ職場に国家公務員と地方公務員が混在。地方公務員は地方税から、国家公務員は国税から給与が支払われます。

国家公務員総合職試験合格の警察官

警察官には階級以外にも「キャリア」と「ノンキャリア」という区分が存在。警察官になるために受けた試験の違いで決まります。キャリアとは国家公務員総合職試験に合格した警察官を指し、身分は国家公務員。所属も警察庁で、本部や所轄に派遣されるのは出向の形に近いでしょう。

同じ国家公務員試験でも一般職試験合格者は「準キャリア」と呼ばれます。そして、これら以外の地方公務員採用者がノンキャリアとなるわけです。

キャリアとノンキャリアで違うのが昇任スピード。キャリアは初任から警部補で10年ほどで警視正となります。その後も警視監、警視総監、警察庁長官への道が開かれているのです。

一方のノンキャリアは巡査からのスタート、準キャリアは巡査部長からです。昇任の限度はノンキャリアで警視正、準キャリアで警視長とされています。ただし、ノンキャリアは現実的には警部補までが精一杯。つまり、ノンキャリア警察官は地方公務員のままであることがほとんどなのでした。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察官の国家公務員と地方公務員との境界線とは