「オービス」とは無人式の速度取り締まり装置の総称。オービスにはさまざまなタイプがありますが、いずれも赤外線ストロボとカメラで違反車両を自動撮影します。夜間、オービスを通過する時にオービスが赤く光ったように見えた経験があるはず。しかし実際は、オービスの発光でないことがほとんどです。

オービスは赤外線ストロボで撮影する

高速道路などのオービスには、10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」のほか、道路に埋め込まれたループコイルによって測定する「ループコイル式オービス」「LHシステム」が存在します。

このようにオービスにはさまざまなタイプがありますが、赤外線ストロボとカメラで違反車両を自動撮影することは変わりません。撮影された写真にはクルマのナンバーと運転者が写り込んでおり、測定値が自動的に焼き付けらます。

そんなオービスを通過する時は、速度超過をしていなくてもドキドキするもの。オービスが発光しないか、ついオービスに目が行ってしまうでしょう。そして、夜間にオービスがポッと赤く光って見えることがあります。

しかし、実際はオービスの発光でないことがほとんど。オービスが赤く光ったように見えるその多くは、反対車線を走り去るクルマのテールランプ。その光がオービスの赤外線ストロボ前面のガラスに反射して光って見えるのです。

オービスは警告のために赤い可視光

実際にオービスが発光する時は、もっと強烈に赤外線ストロボが光って見えます。
ただし、原理的には赤外線ストロボは肉眼ではほとんど見えません。オービスは警告のために赤い可視光を発光させているようです。実際、YouTubeを検索すれば、オービスの赤外線ストロボの発光を確認できるでしょう。

なお、オービスはすべてが作動しているとは限りません。中には、速度取り締まりをしていないオービスもあるのです。とくに、はんぺん型のアンテナが特徴のHシステムのオービスでよく見られます。

というのも、Hシステムの製造メーカーである三菱電機は、2008年にオービス部門から撤退しており、現在はメンテナンスと裁判関係をサポートしているのみ。老朽化の進むレーダー式オービスと同様に、ループコイル式への置換が進んでいます。

白い四角いアンテナの両脇に赤外線ストロボとCCDカメラが設置されているのがHシステムのオービス。よく見ると赤外線ストロボがなかったり、カメラケースの中身がなかったりというケースが続出しているのです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「オービスが赤く光って見えるのは反対車線の反射