交通違反の取り締まりを専門とする交通機動隊の中でも、ドライバーに最も恐れられているのが「白バイ」です。白バイは基本的には単独行動。交通違反が起こりやすい交差点などでじっと身を潜めています。そんな白バイが2台で走行している光景を見かけたことがあるはず。2台1組の白バイは何をしているのでしょう。

白バイには取り締まり件数のノルマ

元交通機動隊員によると「白バイは基本1台で行動しています」とのこと。「2台1組というのは新人の教育中」なのです。「毎年3月と9月に新人が来るんで、そこから半年は先輩と一緒に行動して、教育していくわけです」と話します。

「半年経って1人立ちした頃に、また新人が配属されるので、隊としては常に2台1組で行動しているグループがある」ということ。ただし、そんな白バイの新人隊員にも取り締まり件数のノルマが振り分けられています。

「月間の“目標件数”というのがあります。新人は100件とかね。若いヤツほど多いんです。でも、新人は2台1組で効果的な捕まえ方を教わりながら行動するんで、件数は上がっていくんです」といいます。

「問題は教育係ですよ。新人の相手をしている時間は自分の件数は上がらないんで、1人になった時、必死になって件数を稼いでいます」というのです。

取り締まり件数を達成している白バイ

このため、白バイで「月末になって余裕で流しているのは件数を達成している隊員。逆に原付ばかりを交通違反で捕まえている白バイは、目標件数に足りていない隊員」とのこと。「月末に躍起になって動いている白バイには注意です」と、月末の取り締まりの傾向を話してくれました。

また、白バイの車種から、交通機動隊の先輩・後輩の関係がわかることもあります。「新型はまず先輩からです。でも例外はありますよ。いくら新型でもヤマハ車やスズキ車だと、正直、引きは強くなかったりします。新型なので興味はありますが、ちょっと乗ればもういいかなって」とのことです。

白バイ隊員の間では「圧倒的にホンダ車が人気なんです」といいます。「白バイ隊員は警察の中で最も厳しい専科をパスした連中ですからね。特に交機隊は新人の頃は先輩の白バイ磨きやお茶出しをしながら、日頃のキツイ訓練を乗り越えてきているので『次はオレだ』というプライドも高い」というわけです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「2台1組で走行する白バイは取り締まりの特訓中