Windows10には標準セキュリティソフトとして「Windows Defender」を搭載しています。これが非常に優秀で、長らく定番だったウイルス対策ソフトは、まず不要です。Windows Defenderは初期設定のまま使っていても問題ありませんが、その機能をフルに発揮させる方法を確認しておきましょう。

Windows標準セキュリティソフトで十分

Windows10は標準で「Windows Defender」というセキュリティソフトを搭載しており、フツーに使う分には十分な機能を備えています。とはいえ油断は禁物。その機能をフルに発揮させる、手動スキャン、リアルタイム保護、ランサムウェア対策の方法を念のため確認しておきましょう。

まずはクイックスキャンでウイルスを即チェックする方法から。タスクトレイのWindows Defenderアイコンを右クリック。「クイックスキャンの実行」からさくっとチェックできます。

フルスキャンでウイルスを徹底チェックするには、Windows Defenderの「ウイルスと脅威の防止」を開き、「新しい高度なスキャンを実行」を選択。「フルスキャン」を選択すると、PC内を隅々までチェックできます。多少動作が重くなるので、昼休みなど作業していない時がオススメです。

Windowsセキュリティソフトでブロック

Windows標準セキュリティソフトでウイルス感染をリアルタイムブロックするには、Windows Defenderの「ウイルスと脅威の防止」→「ウイルスと脅威の防止の設定」を開きます。ここでリアルタイム保護を有効にしておくのです。

これでPCにウイルスが侵入した瞬間、ポップアップが開いてウイルス感染をブロックしてくれます。

ランサムウェア対策を有効化するには、Windows Defenderの「ウイルスと脅威の防止」→「ランサムウェアの防止」を開き、機能を有効に設定。また「保護されているフォルダー」からファイルを守りたいフォルダを指定します。

なお、脅威の定義は、更新プログラムで随時アップデートされる仕組み。最新にしておけば、常に安全な状態を保てることになります。

【関連リンク】
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Windows標準セキュリティソフトの設定を再確認