トヨタのコンパクトハイブリッド「ヴィッツHV」のメーカー純正ナビ(ディーラーオプションは不可)には、隠しコマンドでサービスモードに入って使うダイアグノーシス(自己診断機能)を搭載。部品交換時の動作確認や初期設定などで利用されることを見越し、あらゆる項目の設定・変更・確認が可能です。

トヨタ純正ナビのサービスモード

ヴィッツHVのトヨタ純正ナビは、隠しコマンドでサービスモードに入ることが可能。サービスモードを発動するには「現在地」ボタンを押したまま、右コラムスイッチのスモールライトで3回ON/OFFを繰り返すのです。ちなみに、プリウスのトヨタ純正ナビも同じ隠しコマンドでサービスモードが作動します。

ヴィッツHVのトヨタ純正ナビのサービスモード画面では、故障診断・機能検査&調整・サービス情報・製品情報の4項目のメニューが表示。CANの通信設定や、ナビのタッチパネル調整などが可能です。

地デジの受信感度設定の項目では、小さい画面ではあるものの走行中も映像が映ります。また、サービスモードの故障診断ではCAN通信を用いて、ECUからのレスポンスのポジやネガで判別してくれます。

トヨタ純正ナビのダイアグノーシス

最新車両には電子パーツが山盛りで「ここが壊れているからこのパーツを交換すればよい」という最適解がありません。そこでこのCAN通信により、ネガ返答の部位を特定するのです。

また、ドライバー・アシストとして「Toyota Safety Sense」や補助カメラなどさまざまな安全機能が搭載。この機能のテストや目視による調整なども、トヨタ純正ナビのダイアグノーシスでカーナビから行えます。

さらに、車種やカメラのタイプを選択すると、バックカメラの光軸やガイドの調整が可能。ガイドが大幅にズレてしまっていても自分で修正できるので、わざわざディーラーに持ち込む必要がなくなります。

とはいえ、より深い項目に入るには、ディーラーもしくは認証整備工場しか知らないパスコードが必要となる仕組み。うっかり触って元に戻せなくなる心配はなさそうです。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「トヨタ純正ナビの隠しコマンドでサービスモード