iPhoneがiOS12なっていたら、ぜひとも試してみてほしいアプリがあります。それは「計測」というアプリ。AR機能により、カメラで撮影した画像から指定した2点間の距離を測ることができます。このほか、自動的に四角い部分を認識して縦と横の長さを計測、さらに面積を算出してくれるのです。

iPhoneに計測アプリが標準搭載

「計測」アプリは元々、サードパーティが開発していたAR利用のメジャーアプリ。iOS12になってからAppleに正式採用となり、iPhoneに標準搭載されるようになったようです。機能は、大別して「計測」と「水準器」の2つになります。

「計測」を選択するとカメラが起動。例えば、本棚の高さを測るなら、30cm~2mぐらいに接近します。画面中央にドットが表示されるので、調べたい長さの起点にドットを合わせたら「+」をタップするのです。

ドットが黄色くなったらそこが起点。スマホを動かしてみると、起点から白いドットがどのぐらい離れているか距離がcmで表示されるのです。再度「+」をタップすると、測定値が固定され、右の「◎」で画面を撮影します。

iPhone計測アプリで身長を測定

「計測」アプリの最大の特徴は、スクエアな部分を自動で認識し、縦横の長さを測定できることです。空間を正確に把握するため「iPhoneを動かし続けてください」「もっと明るさが必要です」といった警告が出ます。

警告通りに端末を動かして一定の明るさの下iPhoneを動かすと、目の前のPCのモニターを認識。画面サイズを自動で測定し、面積まで算出します。真正面50cmぐらいの距離で撮影すると、誤差数mmとかなり正確です。

AR機能により、多少斜めから撮影しても測定値は補正されるようですが、こちらは数cm誤差が出る場合もありました。身長などをこっそり測定するなら、真後ろに立ってiPhoneをゆっくり動かすとかなり正確に測れます。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneに新搭載された計測アプリもう使った?