PB(プライベートブランド)商品の中でも各メーカーで顕著に特徴が現れるのが、機能や価格で差をつけやすい文房具です。PB文房具はコンビニやホームセンターなどで展開。コンビニでは、有名ブランドとタッグを組むセブンイレブンとファミリーマートが有名です。PB文房具の注目の商品を紹介しましょう。

セブンイレブンのbyLoFtコーナー

セブンイレブンは百貨店のLoFt、ファミリーマートは無印良品と手を組んでPB文房具を開発。また、ホームセンターのカインズホームは、大手文房具メーカーのぺんてると共同開発をしています。

懐かしい文房具をミニサイズにして展開しているのが、セブンイレブンの「byLoFt」シリーズ。「ジャポニカ学習帳ミニ」は129円、「カッターミニ」は216円、「アロンアルファミニ」は270円です。byLoFtコーナーは、大きめの店舗だと文房具売り場の一角を占めています。

byLoFtの「シャープペンオレンズ」は芯に合わせて先端がスライドし、芯を出さずに書けるシャープペン。芯が折れる心配が減る設計になっています。価格は540円です。

カインズホームはテープのりが安い

byLoFtの「ミニ水性マーカー」と「ミニ蛍光ペン」は、同シリーズのペンを2本以上つなげられる仕組みになっています。自分好みにカスタマイズできるので実用性もアップ。価格はいずれも98円です。

ファミリーマートのPB文房具では「こすって消せるボールペン」がおすすめ。キャップ部分でインクをこすると、摩擦熱で文字を消せます。価格は150円です。

カインズホームのPB文房具では「テープのり」の価格が100円と、通常のテープのりの半額程度で購入できます。安価なのもPBならではでしょう。「なめらか油性ボールペン」は製造元がぺんてるで、名前の通り滑らかな書き味。スラスラ文字が書けます。価格は98円です。

「シュレッダーはさみ」は5連刃で約4mmの幅で裁断できます。個人情報が記載された郵便物の処理に便利。価格は498円となっています。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ミニサイズの懐かし文房具が揃うセブンイレブン