iPhoneを使っていて「画面全体が下がる時がある」と不思議に思っている人が意外にいるといいます。実はこれ、iPhoneの片手操作がしやすくなる「簡易アクセス」という機能。このほかにも、片手操作で文字を入力するフリック入力がしやすくなるように、キーボードを左右どちらかに寄せる機能もあるのです。

iPhoneの簡易アクセスで指が届く

iPhoneを片手で持って操作する時に、画面全体を下げて表示するのが「簡易アクセス」という機能。iPhoneの簡易アクセスを知らずに使っていて、画面全体が下がる時があることを不思議に思っていたという人も多いでしょう。

iPhoneの簡易アクセスを使うと、片手操作でも画面上部まで指が届くようになります。ただし、iPhoneXは初期設定で簡易アクセスがオフになっているので「設定」でオンにしなければなりません。

簡易アクセスは「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」から設定。「簡易アクセス」をオンにします。これでiPhoneの画面で最下部を下にスワイプすると、画面が下がって上の方まで指が届くようになるのです。

iPhoneのキーボードを左に寄せる

簡易アクセスと同じように、iPhoneの片手での文字入力を助けてくれるのが、キーボードを左右どちらかに寄せる機能です。左手で操作するならキーボードを左寄せ、右手なら右寄せできます。

キーボードを左右に寄せる機能は、ソフトウェアキーボードの地球儀アイコンを長押しして表示されるメニュー最下部のキーボードのアイコンで位置を決めます。左右どちらかを選ぶと、キーボードが少し小さくなって表示されるのです。

フリック入力だけでなく英字キーボードや絵文字にも対応するので、端にある文字も押しやすくなります。解除するにはもう一度、地球儀アイコンを長押しして設定するか、寄せた空白部に表示されている矢印をクリックすればOKです。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhone画面が勝手に下がるのは「簡易アクセス」