iPhoneは、iTunesやiCloudなど純正Appleツールでデータをバックアップするのが基本です。しかし、どちらも必要なデータをピンポイントでバックアップしたり、取り出すことは不可能。そこで自己責任とはなるものの利用したいのが、サードパーティ製のiPhoneのバックアップツールです。

iPhoneバックアップに代替ソフト

「EaseUS MobiMover Free」は、PCのバックアップツールとして有名な「EaseUSシリーズ」のiOS版です。バックアップできるデータの種類が豊富で、動作も軽快。iPhoneからのファイル抽出は、このソフト1つで十分です。

iPhoneのバックアップに対応している主な項目は、写真/動画/ミュージック/書籍/メッセージ/ノート/カレンダー/Safariの履歴。安定した動作でiTunesの代替ソフトとして1番オススメです。

また、無料で利用できるにも関わらず、端末の完全バックアップに対応しているのも特長。iPhoneの新端末にデータを丸ごと移行できるため、iTunesの代わりとしても利用できます。

iPhoneをまとめてバックアップ

なお、iPhoneのカレンダー・連絡先・ノートの情報をバックアップするには、事前にiCloud機能を無効にしてください。無効にしてからバックアップします。また、コピー以外、直接バックアップデータを編集・移動するのは危険です。

「EaseUS MobiMover Free」の「転送」機能でiPhoneのファイルをまとめて取り出す方法は「コンピュータに転送」を開き、バックアップしたいアイテムを選びます。「転送」をクリックするとデータの転送がスタート。処理が終わると「ドキュメント」フォルダ内にファイルが保存されています。

「カスタム」機能を使うと、欲しいファイルだけ取り出すことも可能です。「カスタム」を開き、バックアップしたいファイルの種類を選びます。バックアップしたいファイルにチェックを入れたら保存ボタンをクリック。そして、保存先のフォルダを指定すればOKです。(文/中谷仁)

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
写真から位置情報や住所を手に入れる方法!!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneのバックアップにiTunes以外を使ってみる