Webブラウザには、サイトのパスワード・IDを自動的に記憶する機能が搭載されています。登録しておけば、ワンクリックで入力が完了するため便利。IDを忘れた時には設定画面から確認できるので、面倒な再設定手続きをせずに済むのです。ブラウザに保存されたパスワードの閲覧&消去法を紹介します。

ブラウザのパスワード保存は危険

ブラウザのパスワード保存機能は会社やホテルなどの共用PCで使うのは危険。自分がPCを使用した後に、第三者がそのPCを使ってサイトにアクセスするだけで、自動的にログインできてしまう可能性があるからです。

そこで、Webブラウザに記憶されたパスワード・IDの閲覧と削除方法を紹介しましょう。Google Chromeのパスワード管理方法は、ブラウザ右上の設定ボタンをクリックして「設定(S)」を選びます。

画面を下にスクロールして「詳細設定」タブを開いて「パスワードを管理」を選択。すると、Google Chromeに記憶されているサイトとユーザー名、パスワードが一覧で表示されます。

ブラウザのパスワード保存を無効に

第三者がPCを使う可能性がある場合は、こうしたユーザー名とパスワードが記憶される可能性があるということ。消去するなら右のタブで「削除」を選択します。ブラウザのパスワード自動記憶機能を無効にしたいなら「自動ログイン」をOFFに設定しておきましょう。

Firefoxのパスワード管理方法は、ブラウザ右上の設定ボタンから「オプション」を選択。続いて「プライバシーとセキュリティ」を選びます。ここで「保存されているログイン情報」をクリックすると、ブラウザに記憶されているサイト名・ユーザー名・パスワード・変更日が表示されるのです。

Firefoxに記憶されたユーザー名とパスワードを消去するなら画面左下の削除を選択します。ユーザー名とパスワードを記憶させないためには、ブラウザープライバシー画面の「ウェブサイトのログイン情報と~」のチェックを外すと、ログイン情報は保存されません。

【関連リンク】
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ブラウザに保存されたパスワードの閲覧&消去法