「ながら運転」は、多くの人々がなかなかやめることのできない悪癖の一つです。年間約40万人ものアメリカ人が「ながら運転」が原因で、命を落としたりケガをしています。とくに、通話をしながらの運転は、飲酒運転と同様の注意力と事故に遭う確率があるというシミュレーション結果も出ています。メールや電話、携帯を手に取ることは、運転中に行われる最も危険な行為なのです。今回のSciShowでは、「ながら運転」をしているとき、私たちがどんな状態にあるのかを解説します。

全文を読む