飼い主は猫の枕になるものの、猫が枕になることはなし
来る日も来る日も、常に猫の枕になっております。 寝床に入るとどこからともなくやってきて、毎晩毎晩添い寝してくれる猫のハートウォーミング動画にも見えますが、睡眠不足が心配になる猫動画をどうぞ。
モフモフとした立派な体で、人の枕を奪いにくるのはJennifer Brownさんとともに暮らす猫のRusty君。やっぱり眠るときには人肌の温もりが恋しいのでしょうか。布団に入って添い寝してくれたらいいんですが、彼の寝相は飼い主さんの頭や肩を枕にするアグレッシブスタイル。 人の夢を食べる獏のごとく、夢を見ているレム睡眠の瞬間を狙っているのか、とにかく連日連夜寝入りばなに枕にゴロンと攻めて参ります。横でCPAPをつけて眠っているパートナーの男性のほうには行かないのかと観察しておりますと、添い寝どころか胸の上をノシノシ踏み踏み通過するだけ。 一方的に枕に乗ってきて、人の頭に背中を寄せて眠っていたのに、ふと目を覚まして「背中の毛が乱れちゃった」と毛づくろいをはじめた瞬間は、BGMの陽気さと相まって思わずブホッと笑いがこぼれること請け合いであります。 [Trying To Sleep {when you have cats}/YouTube] The post 飼い主は猫の枕になるものの、猫が枕になることはなし first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
猫本書評:海風を運ぶ長崎ことばが伝える、心にかかえた“尾曲がり猫”の記憶
オシッコで健康チェックをお手軽に、できる猫砂クラファン目標を達成
4年連続4回目となる『建築知識』猫特集、今年のテーマは猫DIY

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「飼い主は猫の枕になるものの、猫が枕になることはなし