もう4年前なのか、まだ4年前なのか。 その間にいろいろありすぎてもう昔なんだか最近なんだかよく分からない今日このごろでありますが、前回の米大統領選で下馬評を覆す予想を的中させた黒白猫さんの動画をご覧あれ。
こっちの水は甘いぞ、こっちのカリカリおいしいぞ。猫の本能の赴くままに次期大統領を占う猫神託。ヒラリーを食べ、トランプを食べ、またヒラリーを食べ、と実際の開票速報のように両陣営を行ったり来たり。接戦の末最後の最後で鋭い末脚を見せたのはトランプ皿。一気に食べきりトランプ大統領爆誕を予想し、見事的中させております。 今年11月の大統領選前には、バイデン皿とトランプ皿で予想されるものと思われますが、その前にこっちのほうもぜひ占っていただきたいものであります。 猫と暮らす読者諸兄のどなたかにおかれましては、総裁選候補者の名前を書いたお皿使って、日本の将来を占っていただければ幸いです。 [Cat predicts winner of US election/YouTube] The post 2つのお皿のどちらを先に食べきるか、未来を占う猫神託メソッド first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
水際の鴨を狙った茶トラ猫、まさかの場所で水に落ち
カーテンの奥から聞こえる歌声の、不穏な空気に叫び出す猫
リコーダーの音をやめよと実力行使、さも通りがかりの猫のように

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「2つのお皿のどちらを先に食べきるか、未来を占う猫神託メソッド