リコーダーの音を止めよと実力行使、さも通りがかりの猫のように
おっと失敬、私のシッポが長すぎて。 子ども相手には、わめいたり叫んだりしません。無言のまま、偶然を装ってその前を通ってやめざるを得ない状況へ追い込む、根回し上手な猫の動画をご覧あれ。
背後で突然始まるリコーダー自主練。学校で習い始めたばかりのようでして、スカした音のたどたどしい演奏であります。自らが完璧な美しさを誇る猫の耳からすると、すべてが納得いかない様子。 完璧主義の猫は、やめさせ方にもこだわります。たかが子どものやっていること。怫然として色を作すのは見苦しい。そこでさも偶然にそこを通りすぎただけのようにして、女の子と楽譜の間に割り込み、シッポを当ててリコーダーを動かす猫。それでも演奏がやまないので、リコーダーのお尻の動きが気になるんです、猫だから。といった顔で邪魔をするのでありました。 [Cat Hates Recorder Music/YouTube] The post リコーダーの音をやめよと実力行使、さも通りがかりの猫のように first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
真夜中の猫と人との密会現場、猫語で交わす情報交換
尾を翻し身をよじらせて跳躍する猫、ピンポン球を追って逃して
幼児から愛され続ける猫の眼差し、成長ぶりに感慨深げ

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「リコーダーの音をやめよと実力行使、さも通りがかりの猫のように