哺乳瓶奪って両手で抱え込み、子猫はベッドでミルクをゴクゴク
矢のような催促ならぬ、ニャーのような催促とはまさにこのこと。 飼い主さんがミルクを準備する間、一秒でも早く欲しいアレも欲しいコレも欲しいもっともっと欲しいという気持ちを抑えきれない子猫が、その誓願を成就するまでの一部始終をご覧あれ。 [The Baby of the Family || ViralHog/YouTube] 題目念仏真言祝詞も猫が唱えりゃすべてニャー。ミルクを欲する子猫の動きはハードトランス系踊念仏さながらであります。 レンジでチンした哺乳瓶を待つのは、自分専用のベッドの上。お行儀良くベッドの中からニャーと叫んでおりますが、冷ます間が我慢できず飛び降り流しの下へ。ようやく猫肌になったところで、再びベッドに入り直して哺乳瓶を奪うように両手でゲット。 そのまま四肢で瓶をホールドし、耳をピク付かせながらミルクをゴクゴク。飼い主さんには一瞥もせず、哺乳瓶をまったく渡そうとしないところからも、どれだけこの瞬間を待ち望んでいたのか伝わって参ります。 [The Baby of the Family || ViralHog/YouTube] The post 哺乳瓶奪って両手で抱え込み、子猫はベッドでミルクをゴクゴク first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
エアホッケーの基本ルールを理解する猫、先制点と自殺点を連続で決める
カップインしないさせない許さない、猫は死守するノーミスで
軽やかにシュートを次々好セーブ、白黒柄のゴールの守護神

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「哺乳瓶奪って両手で抱え込み、子猫はベッドでミルクをゴクゴク