自ら蛇口を開けて飲む猫、一手間増やして叱られて 猫らしからぬ工夫を懲らした込み入った飲み方ですが、飼い主さんからは叱られてしまいました。 床からシンクに飛び上がり、蛇口を自分で開ける、自律性の高い水の飲み方を行う茶白の猫。余計な一手もご愛敬であります。
シンクの水受けにクルッと体を納め、右手で器用に蛇口をひねる猫の名は、Floyd君。よく見受けられる、体に流れる水を受けて、自らの毛の上の流水を舐めて飲むパターンかと思われましたが。水が当たるのを嫌がってそそくさとシンクを抜け出しております。 余計な一手を挟んだあとは、至極まっとうな飲み方で、蛇口から流れるお水を上手にペロペロペロ。しかし飼い主さんには「No! Floyd」と叱られて、すぐさま踵を返して床へ戻るFloyd君。やんちゃなようでいて、その実は常識人であります。 [Cat turns on water to drink/YouTube]

【関連記事】
オーブンからそっと遠ざけ諭す猫、お前にはまだちょっと早いと
数百円の違いで快適度は歴然、猫が選ぶは大きめサイズ
童謡の「ゆかいな牧場」を歌う猫、お布団の中で合いの手入れる

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「自ら蛇口を開けて飲む猫、一手間増やして叱られて