アメリカナイズな自動給餌のピタゴラスイッチ、食べるよ猫は淡々と 日本語はなんて便利なんでしょうか。こういうのをピタゴラスイッチのひと言で表現できるのですから。 こういうの系YouTuber「Joseph’s Machines」にアップされました、電話をかけるだけで自動的に缶詰のキャットフードが猫に給餌される、ハンドメイドアナログマシーンと、ご飯を堪能する猫の姿をご覧ください。
このマシーンがあれば、賽の河原の石積み訓練中でも、ちょいとスマホで電話を掛けりゃ、自宅のスマホが鳴動してずり落ちて、アーなってコーなってもひとつアレして、猫に新鮮なご飯が出せるという寸法…と言いたいんですが、日本人だからでしょうか、最後の盛り付けがいただけません。そこまで微調整したのに、なぜ最後がソレなのだと突っ込まざるを得ない気持ちをよそに、猫のほうはご飯があればそれはそれで無問題。 もし本家がこのジャンルに手を出していたら、プリンをプチッンするように、お皿にきれいにウエットフードを盛り付け、フィナーレはピタゴラの旗がお子様ランチのごとく中央に突き刺さり、エンディングテーマが鳴り響き、食べ物を粗末にする行動に敏感な国民性というハードルを華麗に超えていくものと思われます。 [Cat Feeder Machine (Short Version)/YouTube]

【関連記事】
流体の特性生かした位置取りで、涼むよ猫は墓石の隙間に
猫が喜ぶベッドにソファにブランコに、アクリルボウルをDIY
猫がでんぐり返しでドヤ顔、座面の幅にピタッと収まる

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「アメリカナイズな自動給餌のピタゴラスイッチ、食べるよ猫は淡々と