二匹の猫の将棋崩しの名人戦、ルール無用の清寂バトル ルール完全無視ですが、残虐ではありませんので、ご安心ください。 お正月の盤上の格闘技といえば、回り将棋か将棋崩しでありまして、時節に合わせた将棋崩し名人戦猫動画をご覧ください。
皆様ご存知のとおり、山と積まれた吹けば飛ぶよな将棋の駒を、1本の指で、音を鳴らさずに盤の際まで運ぶのが将棋崩しのルールであります。しかし、2匹の名人は互いに天衣無縫流の使い手で、そんなルール知ったこっちゃ無しのマイルールで勝負は進展。 駒の上にもう1つの駒を乗せて滑らせるマッスル・インフェルノ、逆さのまま地面に叩きつけるマッスル・リベンジャー、猫爪を駒の首に引っかけてホールドするマッスル・スパーク天といったキン肉族三大奥義を繰り出し、次々と駒を自分の陣地へと落としております。 駒音を響かせながらの無言の対局は、拮抗する実力の持ち主らしく、最終的に互いに手を出しあぐねる千日手となったものと思われます。 [猫同士の将棋崩し/YouTube]

【関連記事】
猫は奏でるシッポでスラップ、力強くも繊細に響く
レバノンでウードのライブに乱入した猫、追っ手に阻まれセッション失敗
市場の動きが気になる猫、株価を追って右往左往

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「二匹の猫の将棋崩しの名人戦、ルール無用の清寂ファイト