犬のパジャマは必要?

寒さ対策

犬 パジャマ

Alexey Kuznetsov/stock.adobe.com

犬の体は毛でおおわれているから洋服なんて必要ないと思われがちですが、昔より室内で飼われている犬の数が増え、暖かい環境に慣れてしまっている犬の親を持つ犬は、寒さに弱い個体になっていきます。

そのため冬の散歩の際や、雨が降っている日に洋服やカッパを着ることは犬の体温管理にとても効果的と言われています。ちょっと寒いなと感じ始める季節から洋服の着用を始めるのがおすすめです。

もちろん外だけでなく室内にいるときにも、寒い空気のたまりやすい足元で生活する犬たちは寒さを感じています。暖房器具の電源を切ったり弱くする就寝時間はもっとも寒さを感じやすいです。

そんな就寝時間の寒さを和らげるために効果的が期待できるパジャマは、犬にとって必要な存在となっており、パジャマを着せて就寝時間を迎える飼い主さんも多くなってきています。

抜け毛対策

パジャマや部屋着は部屋に落ちる抜け毛を減らしてくれるメリットがあります。もちろん服を着せる前や脱がせた後には十分にブラッシングをしてあげる必要があります。

また、少し家の長い犬の場合、毛並みが汚れてしまうのを防ぐ効果もあり、犬は暖かく人間は掃除が楽にとメリットがたくさんあります。

虫(蚊)除け

夏場でもパジャマを着せることで得られるメリットがあり、虫、特に蚊に対して効果が期待でき刺されにくくなります。蚊の持つフィラリアはとても感染力が強く怖い寄生虫です。病気を予防するためにも夏場の洋服の着用はとても大切と言えます。

お布団に付く毛防止

チワワ

ooaco/stock.adobe.com

愛犬と一緒に寝ている方が大変に感じているのは、一緒に寝た布団やシーツに犬の毛がたくさんついてしまうことです。寝返りや引っ掛かりなどで自然に抜けてしまうので仕方ありませんがパジャマを着ているとなかなか毛が落ちません。

また、一緒に寝ていなくてもいつも愛犬が寝ている寝具は毛が付きやすく手入れが大変です。そんな時にもパジャマの効果は絶大で、簡単にお掃除ができるようになります。

さらに、毛が落ちないことによりアレルギーも発症しにくくなります。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬のパジャマは必要?中型・大型・小型犬のサイズと選び方・注意点を解説