犬を飼う際用意したいもの

small cute beagle puppy dog looking up

Sigma_S/shutterstock.com

初めて犬を飼う時は、いろいろ用意しなければなりません。

  • 飼い犬の寝床となる、ケージやサークル
  • エサやエサを入れるエサ箱
  • 飲み水を入れる容器
  • トイレシート

などがあげられます。

犬を室内飼いする場合、このケージが犬のベッドとなり、トイレトレーニングのスペースとなります。 ケージでトイレも一緒にすると、犬がうんちまみれになって困っているという飼い主さんがいますが、そこで「すのこ」が役立つわけです。

では、犬のケージに床すのこを置くことには、どんなメリットがあるのでしょうか?

犬のケージに床すのこを置くメリットは?

ケージ中の掃除が楽になる

ケージ内でトイレをする犬の場合、寝床となるベッドとトイレシートを置きます。

うんちをした後、すぐに片づけることが最善ですが、お留守番をさせているときなど毎回毎回すぐに後始末ができるわけではありません。 そうすると、犬は自分がしたうんちを自ら踏んで汚してしまうことがあります。

他にも子犬に多いのが、自分がしたうんちを食べてしまう食糞という行動をとることもあります。 こうなっては、うんちの掃除で疲れ果ててしまいます。さらにはトイレシートをびりびり破ってしまう、おもちゃにしてしまう犬もいます。

そこで役立つのが、床すのこです。ケージの床に床すのこを置くことで、これらの問題が解決できます。

床すのこを置けば、おしっこやうんちが床すのこの下に落ちて、うんちまみれになる、うんちを食べるという悩みが解決されます。また、床すのこの下にトイレシーツを置くので、トイレシーツで遊ぶことがありません。

そして、犬は少しでも汚れているところにはトイレしたがらないので、床すのこの下にトイレシーツがあればトイレシーツの節約にもなります。

さらに床すのこのメリットは、犬の暑さ対策の一つになります。

犬は毛皮を着ていて、人間のように汗をかいて体温調節ができない動物なので、暑さに弱いです。犬にとって夏は少々つらい時期です。熱中症になる犬もいます。

ですから、犬は自分で涼しい場所を求めます。そこに床すのこを置いてあげると風通しがよくなり、涼しく過ごすことができます。 これは室内犬だけでなく、屋外で飼っている犬にも言えますね。 夏場のコンクリートは大変暑くなるので、直接触れないよう床すのこを敷いてあげると快適に過ごせます。

床すのこのメリットは硬くて頑丈なので、大きな犬でも安心して使えます。

このように、床すのこを置くことには多くのメリットがあります。

また、床すのこには材質がいろいろあります。金属製の「網すのこ」と「木製すのこ」です。

木製の床すのこのメリットは安定感があることと、自然の物なので肌にやさしいことがあげられます。しかし木製の床すのこはおしっこやうんちが染みついて掃除が大変です。定期的に掃除が必要ですし、乾くのにも時間がかかります。

網すのこはどうでしょうか?今販売されている床すのこの多くは網すのこです。

夏の暑さ対策になる

さらに床すのこのメリットは、犬の暑さ対策の一つになります。

犬は毛皮を着ていて、人間のように汗をかいて体温調節ができない動物なので、暑さに弱いです。犬にとって夏は少々つらい時期です。熱中症になる犬もいます。

ですから、犬は自分で涼しい場所を求めます。そこに床すのこを置いてあげると風通しがよくなり、涼しく過ごすことができます。 これは室内犬だけでなく、屋外で飼っている犬にも言えますね。 夏場のコンクリートは大変暑くなるので、直接触れないよう床すのこを敷いてあげると快適に過ごせます。

床すのこのメリットは硬くて頑丈なので、大きな犬でも安心して使えます。

床すのこには木製と網性がある

chihuahua closed inside pet carrier isolated on white background

cynoclub/shutterstock.com

床すのこには材質がいろいろあります。金属製の「網すのこ」と「木製すのこ」です。

木製の床すのこのメリットは安定感があることと、自然の物なので肌にやさしいことがあげられます。しかし木製の床すのこはおしっこやうんちが染みついて掃除が大変です。定期的に掃除が必要ですし、乾くのにも時間がかかります。

網すのこはどうでしょうか?今販売されている床すのこの多くは網すのこです。

網すのこを置くメリットは?

床すのこのメリットで見たように、犬のケージに網すのこを置くことでおしっこやうんちが下に落ちるので、犬が汚れるということが少なくなるでしょう。トイレシーツで遊ぶこともないので、経済的にも助かりますね。

網すのこのメリットは、うんちが下に落ちずすぐに片づけられなくて犬が踏んでしまった場合、一度踏んでしまったら犬の体の重みで下に移動します。 ですから、うんちまみれになるということはありません。

下痢をしている場合も網すのこを通過して下に落ちるので、犬が汚れることがありません。非常に衛生的なのが網すのこの最大のメリットといえます。 さらに網すのこのメリットは、掃除が楽であるということです。

網の大きさによっては足がはまってしまう子犬もいるかもしれないので、注意してみてあげましょう。

犬の檻はストレスなの!?ケージに入れるメリットとデメリットを解説!

犬は本来野山を駆け回っていた動物?自由奔放な犬を檻に入れる場合のメリットデメリットは? ゲージに入れたらストレスってたまるんでしょうでしょうか?そんな飼い主さんの疑問にお答えします。  どうしたらちゃんと入ってくれるか、あるいはこんな時は入れちゃダメ!といったこともこれを見たら安心です。

https://mofmo.jp/article/916

情報提供元:mofmo
記事名:「犬のケージに床すのこを置くメリットは?網すのことの違いも解説。