犬が靴を履くメリットは?

jack russell dog waiting for owner to play  and go for a walk with leash isolated on white background

Javier Brosch/shutterstock.com

おしゃれのため

一つの理由は「おしゃれ」です。これは完全に飼い主さんのエゴですが、実際に靴を履いた犬ってかわいいですよね。

洋服を着せる感覚で靴を履かせている方もいらっしゃいます。

お散歩のときの肉球の保護

夏の炎天下のアスファルトの温度ってどのくらい暑いかわかりますか?寒い冬の雪の上の温度ってわかりますか?道路にはガラスが散乱していることもありますよ。

昔はアスファルトの上を散歩することが少なかった犬たちも、最近ではアスファルトの上を散歩することがほとんどではないでしょうか?

このような過酷なお散歩環境なので、デリケートな犬の肉球は散歩時に、傷ついてしまったり腫れ上がったりする可能性が高まります。 普段の散歩のときから実は危険がいっぱいあったんです。

地震が起きたら危険はもっと増えます。 犬が靴を履くことで、こういった危険からも守ってあげることができるのです。

衛生的である

その他にも衛生的であることがあげられます。室内飼いしている犬だったら、散歩の後足を洗ってあげないといけませんが、犬も靴を履かせていればその手間がありません。

負傷しているときの保護の役割

肉球を怪我した時や足の病気になった時に保護してくれます。

例えば足を怪我した時も最初は痛みから散歩したがらないかもしれませんが、だんだん痛みがなくなれば散歩に行きたがるでしょう。

しかし飼い主としては、 「ケガをしているのに散歩に行かせるのは心配…でも運動不足にもなりそう…」 このように悩まれる方いらっしゃると思いますが、どうしてもお散歩に行きたがる犬には靴を履かせてあげましょう。 傷口から細菌が入るのを防ぐことができますし、愛犬の散歩に行きたい欲も満たしてあげることができます。 とはいえ、けがをしているので長時間の散歩は厳禁です。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬用に靴を作りたい!サイズの測り方から作り方までご紹介!