被毛の種類とシングルコート、ダブルコート

犬 パグ シングルコート

Alex_Zh/shutterstock.com

犬の身体に生えている毛を被毛と言いますが、その毛が一重のものをシングルコート、二重になっているものをダブルコートと言います。オーバーコート(上毛)という皮膚を保護する役割の毛と、アンダーコート(下毛)という体温の保温のための毛です。

ダブルコートの犬はこのアンダーコートが換毛期という春や秋になると抜け落ちて、大量の抜け毛になります。シングルコートの犬もオーバーコートとアンダーコートがありますが、アンダーコートが多くて抜けないので、換毛期とが伸び続ける犬種が多いです。 そしてオーバーコートがほとんどない状態になっているので、シングルコートと呼ばれています。シングルコートの犬種は冬の寒さから身を守る必要がさほどない温暖な地域の犬に多く見られます。ダブルコートの犬種は寒冷地で改良された犬に多く見られます。

シングルコートの犬種にはどんな犬がいるの?

トイプードル シングルコート

leungchopan/shutterstock.com

代表的なものは、プードル、シーズー、マルチーズ、ヨークシャテリア、パピヨンボクサー、グレイハウンド、グレートデンなどがあります。

シングルコートの犬種のメリット、デメリット

上記でも述べたようにダブルコートの犬種は換毛期の抜け毛があります。しかしシングルコートの犬に場合は、抜け毛が圧倒的に少ないです。 もちろんシングルコートでも毛の構造は二重になっているので、ブラッシングしたら抜け毛はありますが、ダブルコートのようなごっそりとした抜け方はしません。 ですからシングルコートのメリットは抜け毛が少ないことと言えますね。シングルコートの犬種は、抜け毛の手入れが面倒な方や掃除が大変な方、アレルギーを持っている方にはオススメです。デメリットは毛が抜けず伸び続けるため、定期的なトリミングが必要になります。 トリミング費用は安くないので経済的負担になりかねません。そして毛が抜けにくいとはいえ、全く抜けないわけではありません。毛玉やもつれを防止するためにも毎日のブラッシングは欠かせません。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬の抜け毛が少ない?シングルコートの特徴