マンションで飼育するに向いている犬の種類の特徴

最近では、犬などのペットを飼育できるマンションが増えてきたことで、以前よりも犬を飼育しやすくなりました。 ただ、そこには犬好きだけでなく、様々な人が住んでいます。中には、犬が嫌いな人もいます。 なので、犬を飼育する場合にはしつけをしっかりとする事が大切となります。 特に無駄吠えについてはしっかりとしつけをする事が大切で、体臭が少ない事も大切です。 また、他の人に危害を加えない事も大切なので、犬の種類としては大型犬よりも小型犬が向いているといえます。

イタリアン・グレーハウンド

イタリアン・グレーハウンド

shutterstock.com

イタリアン・グレーハウンドは、体重が約3㎏、体高38㎝で、犬の種類的には小型犬に分類される犬種で、室内でも飼育しやすい体形をしています。 また、物静かで大人しい性格をしていて、優しい犬種です。 イタリアン・グレーハウンドは走る事が大好きな犬種ですが、室内では動き回るタイプではないのでお勧めです。 ただ、あまりにも大人しいので、乱暴な犬や子供にけがを負わさせる可能性があるので、注意が必要です。 イタリアン・グレーハウンドを飼育する際におすすめなポイントは、無駄吠えが少なく、抜け毛も少なく、体臭もほとんどないという点です。

シー・ズー

シー・ズー

shutterstock.com

シー・ズーは、体重約6㎏、体高約25㎝で、種類的には小型犬に分類される小さな犬種です。 飼育する際におすすめな理由としては、愛情深く、穏やかな性質を持っていて飼育しやすい点と無駄吠えも少ないという点です。 また、抜け毛も少ないという点もマンションでの飼育におすすめなポイントです。 ただ、頑固な一面があるのでしつけをする際には根気がいります。また、食欲旺盛で肥満になりやすいので、室内飼育でも適度に運動をされる事が大切です。

ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・シュナウザー

shutterstock.com

ミニチュア・シュナウザーは、体重約7㎏、体高約35㎝で種類的には小型犬に分類される犬種で、遊び好きで、好奇心が強い犬種です。 攻撃的ではなく、子供との相性もいいので、子供がいる家庭でも飼育する事ができます。 飼育する際におすすめな理由としては、人間の脳を持つといわれるほど頭脳明晰なので、しつけがしやすく、飼育しやすい点です。 また、行儀も良い犬なので、マンションで飼育するにはおすすめです。

パグ

パグ

shutterstock.com

パグは、中国生まれの愛玩犬で、種類的には小型犬に分類される犬種です。 性格的には温厚で攻撃的になる事はないとされています。 マンションで飼育する際におすすめのポイントしては、素直でしつけがしやすく、運動量も1日30分程度で十分です。 ただ、短吻犬種でいびきをかきやすい事と暑さに弱いので体調管理はしっかりと行う必要があります。 また、皺の間に汚れが溜まりやすいので、定期的に拭いてあげる必要があります。

スキッパーキ

スキッパーキ

shutterstock.com

スキッパーキは、ベルギー生まれの牧畜犬種で、リトルブラックデビルと呼ばれる種類的には小型犬種に分類される犬種です。 飼い主や家族に対しては愛情深い性格をしていて、穏やかで優しい性格をしています。 マンションで飼育するには、エネルギッシュな犬種ではありますが、しっかりと運動としつけを行えば、愛想がよいマンションでも飼育する事ができるコンパニオン・ドッグとなるので、おすすめです。

情報提供元:mofmo
記事名:「ご近所迷惑にはなりたくない!マンションで飼うのにおすすめな犬の種類は?