ヒマラヤンってどんな猫?

ヒマラヤン猫

pixabay.com

ヒマラヤンはペルシャ系の猫で、フサフサの白い長毛が特徴的です。瞳はサファイアブルーに輝いており、静かに佇んでいる姿は、まさに芸術品のようです。

とても静かで穏やかな性格をしていますが、人懐っこい一面もあり、自分からコミュニケーションを求めることもあります。高貴なイメージと人懐っこさのギャップに魅了される人も多いことでしょう。

そんなヒマラヤンは、静かな鳴き声をもっている猫としても有名です。ヒマラヤンを飼っている人の中には、鳴き声の特徴ゆえに選んだという人も少なくありません。

ヒマラヤンの鳴き声

鳴いている猫

pixabay.com

ヒマラヤンの特徴の一つに「鳴き声」を挙げることができます。ヒマラヤンの鳴き声はとても静かだといわれており、鳴き声のトラブルや心配が比較的少ない猫です。ここでは、ヒマラヤンの鳴き声について詳しく解説します。

鳴き声のタイプ

鳴き声が特徴的だといわれているヒマラヤンですが、鳴き方自体は他の猫とあまり変わりません。「ニャー」「ニャーン」「ナーン」といった鳴き方をすることがほとんどです。

ただし、あまり強く鳴かないので、他の猫とくらべて柔らかく聞こえます。聞く人によっては、鳴き始めに「ウナーン」「ウニャー」と聞こえることでしょう。

鳴き声の柔らかさやボリュームから、ヒマラヤンの鳴き声は「ミュージカルのようだ」と例えられることもあります。鳴き声で悩まされることほとんどありません。むしろ、ヒマラヤンの鳴き声は飼い主さんを癒し楽しませてくれます。

鳴き声の頻度

鳴き声を上げる頻度も、他の猫と比べると少な目です。「滅多に鳴かない」というイメージを持つ人が多いのもそのためです。ヒマラヤンが高貴に見えるのも、鳴き声の頻度が関係しているということができるでしょう。

ヒマラヤンは甘え上手ではあるものの、しっかりとしていて自立心も備えています。そのため、執拗に飼い主さんに要求して鳴き続けることはありません。飼い主さんに甘える時も、鳴き声で表現するというより、体をすり寄せて表現するタイプです。

もちろん、子猫のうちは他の猫と同様に活発に動き、鳴き声の頻度は高くなります。しかし、気になるほどの大きさで鳴くこともありませんし、大人になるにつれて徐々に静かになっていきます。

鳴き声の大きさ

先ほども述べたように、ヒマラヤンの鳴き声はとても静かです。飼い主さんに甘えたり、要求したりする時でも声のボリュームは小さいままです。

しかし、鳴き声のボリューム自体は小さいものの、その声質は明瞭なので非常に綺麗に聞こえます。そのため、「鳴き声が聞きづらい」というよりも「心地よい鳴き声」という印象を持つ人が多いようです。

他の猫と比べて鳴き声は小さいとはいえ、ヒマラヤンでも大きな声を出すことがあります。例えば、警戒するときや攻撃的になるとき、びっくりしたときなどです。

また、発情期の際にも声の大きさや頻度が変わります。繁殖目的でないのであれば、鳴き声対策として早い段階で避妊・去勢手術をしてあげることをおすすめいたします。

ヒマラヤンはどんな人におすすめ?

ヒマラヤン猫

pixabay.com

ヒマラヤンは、特に初めて猫を飼う方にはおすすめの猫といえます。猫のお世話の仕方に慣れていなくても、穏やかな性格をしたヒマラヤンは、不満を持って鳴き続けるということがありません。

また、一人暮らしの方にもおすすめできます。一人暮らしの方はワンルームなどの小さめの部屋で暮らしていることが多いでしょう。隣近所に鳴き声が漏れてトラブルになるという心配がありません。

さらに、お留守番してもらう時間が長くなったとしても、ヒマラヤンであれば留守中に鳴き続けたり、大きな鳴き声をあげたりすることは滅多にないでしょう。

飼育環境の幅が広い!

静かなヒマラヤンはさまざまな環境で飼うことができます。鳴き声を気にせず飼うことができるのは、大きなメリットといえるでしょう。

ペット可のマンションやアパートなどでも、ヒマラヤンは静かに鳴いてくれるため、近所への配慮を欠くことがありません。また、密集した住宅街でも同様です。ヒマラヤンの鳴き声が外に漏れることはほとんどないので、安心して飼うことができるのです。

情報提供元:mofmo
記事名:「ヒマラヤンの鳴き声はとっても静か!初めて猫を飼う人にもおすすめ!