猫が心を開いているサインを知りたい

女の子にキスをする猫

ANURAK PONGPATIMET/shutterstock.com

警戒心が強いと言われているねこちゃんは、表情が豊かなわんちゃんに比べると懐いてくれているのかどうかイマイチわからないところがあるようです。

確かに犬は表情が豊かで、楽しんでいることや喜んでいること、寂しそうにしている時などの感情が飼い主さんにも伝わってきます。

しかし超ポーカーフェイスにみえるねこちゃんも、実は飼い主さんに心を開いているサインをきちんと出しているのです。あなたはそんな愛猫ちゃんのサインに気づいているでしょうか?もしそのサインが理解できれば、飼い主さんと愛猫ちゃんの距離はさらに「ググッ!!!」と縮まることでしょう。

今回は猫が心を開いている仕草についてまとめてみました。この記事を読むと、愛猫ちゃんがすでにあなたに心を開いていることが理解できるのではないかと思います。

猫が心を開いている仕草とは?

ねこちゃんが心を開いてくれていることは、どんな仕草やサインから分かるのでしょうか?

その1:スリスリしてくる

飼い主にスリスリする猫

Jaromir Chalabala/shutterstock.com

ねこちゃんは警戒心に加え、テリトリー意識がとても強い生き物です。自分のものには名札とも言える自分自身の『ニオイ』をつけて、自分のものであるということを印付けておきます。

その方法の一つが頭をスリスリしてくることです。

猫のほっぺや顎にはフェロモンを分泌する臭腺があり、スリスリと頭突きをすることで自分のニオイを付け所有権を主張しているのです。所有権を主張したがるということは飼い主さんへの親しみの表明でもあり、心を開いている証拠と言えます。人懐こいねこちゃんは野良猫に出会ってもスリスリすることがあります。

甘える時の頭突きは、グイグイと積極的に迫ってきて、スリスリなんていう優しい表現ではおさまらないほど押しまくってきます。ねこちゃんが「大好き! 大好き! 大好き!」といっているようなものですから、終わるまで待っていてあげてください。

また、匂いをつけてくるのは人間に対してのみ行うわけではなく、猫同士でも頭をコツンとぶつけ合って愛情表現をし、心を開いている仕草を出しています。猫同士で頭や体をこすり合うことを「アロラビング」と言いますが、これは人間でいえばハグのようなものです。

相手が人間であれ猫であれ、心を開いている仕草の一つには『スリスリしてくる』というものがあげられます。

その2:ふみふみする

ねこちゃんの仕草でとってもかわいいものの一つと言えるのが「ふみふみ」です。これは子猫がお母さん猫のお乳の出をよくするために、前足でふみふみ揉みながら飲む時の仕草なのです。

もしこの仕草を飼い主さんに対してやってくるようならば、あなたのことを「お母さん」と思っているのでしょう。お腹が空いた時や甘えたい時、眠たい時などに「ふみふみ」してきます。

「ふみふみ」に伴う行動としては前足を「グーパーグーパー」したり、おっぱいを吸うように毛布や布などに吸い付いたりすることがあります。吸い付くこと自体には問題ありませんが、もし飲み込んでしまうと危険ですので見守っていてあげてください。

このように愛猫ちゃんが『ふみふみ』している時は、あなたに心を開きリラックスした至福の時間を過ごしている時です。優しく見守ってあげましょう。

その3:「じーっ!!!」と観察される

「目は口程に物を言う」といいますが、ねこちゃんに「じー!!!」っと見つめられたことはありませんか?それはねこちゃんが心を許している証拠の一つです。もちろん、警戒心むき出しの目つきで見ていたらそれは明らかに違ってきますが…ねこちゃんの温かな眼差しならば心全開でしょう。

「遊んで」「撫でて」「ご飯ちょうだい」などの要求を控えめに訴えているのかもしれません。

愛猫ちゃんに「じーっ!!!」と観察されてしまう飼い主さんは、それだけねこちゃんが心を開いて頼っている良き飼い主さんなのでしょう。

その4:邪魔をしてくる

飼い主の邪魔をする猫

New Africa/shutterstock.com

猫を飼っている人なら皆さん経験しているのではないでしょうか。パソコンのキーボードをたたいていればキーボードの上に「ドテッ!!!」、新聞を読んでいれば新聞の上に「ドテッ!!!」と座り込む愛猫。かわいいんだけど時々なんとかしたくなりますね。

これは「注目されたい!」という猫の意思表示です。ねこちゃんは自分が忘れられていることに不安や不満を感じて、自分の存在をアピールしようとするのです。大好きな飼い主さんに振り向いて欲しくての行動です。そんな時は、ちょっとだけ時間を作って視線を合わせながら撫でてあげれば満足することでしょう。

ねこちゃんは邪魔をしても飼い主さんが過度に怒らないということを知っているため、『邪魔をしてくる』のです。飼い主さんに心を開いているからこその仕草と言えるでしょう。

その5:お腹を見せてくる

お腹というのは柔らかく内臓が詰まっていて、骨にガードされているわけではありません。それにもかかわらず、「ヘソ天」状態の姿で飼い主さんの前にいるということは、「この人は大丈夫」という信頼があるのです。

例えば子猫は母親に「遊んで!」「お腹がすいた!」ということをアピールするときにお腹を見せます。飼い主さんに「ヘソ天」状態でいるのなら、母親に対する信頼感の表れと言えます。

飼い主さんが一緒だからといって、不安な場所でお腹を丸出しにしているねこちゃんはいません。例えば、動物病院に行って飼い主さんと一緒だからといって、お腹を出してリラックするねこちゃんはいません。ですから「ヘソ天」をするためにはその場所も安心できる場所でなければならないのです。

自宅という場所で飼い主さんを目の前にしてお腹丸出しのヘソ天状態でいるのなら、愛猫ちゃんはかなりのリラックスモードで飼い主さんに心を開いていると言えます。

その6:毛づくろいされる

飼い主さんが毛深いから毛づくろいをしてくれているわけではありません。これは愛情表現です。猫は親や兄弟達など、気を許した相手にしか舐め合いません。ということは飼い主さんに心を開いているからこそ、毛づくろいをしているかのように舐めてくるのです。

少しだけペロっと舐めてくるねこちゃんもいれば、長時間ペロペロ舐めてくるねこちゃんもいます。朝方など顔をペロペロと舐めてくることもありますが、「お母さん お腹すいたよ〜」というのをペロペロと舐めて起こしにきているのかもしれません。このようになんらかの要求がついてくることもありますが、いずれにしても飼い主さんに心を開いている仕草の一つと言えるでしょう。

また、飼い主さんが愛猫ちゃんをブラッシングしてあげている時に、愛猫ちゃんがブラシを持っている飼い主さんの手をペロペロと舐めてくることがあります。これは、飼い主さんに対して「ありがとう〜」とお礼にグルーミングをしてくれているのかもしれません。仲の良い気心しれた猫同士がよく行うことですので、ねこちゃんが飼い主さんに対して行なってくるということは、それだけ心を開いているということでしょう。

愛猫ちゃんからのせっかくの好意ですからいつまでも舐めさせてあげたいのですが、あのザラザラした舌で舐め続けられるのはちょっと痛いですよね。

情報提供元:mofmo
記事名:「猫は飼い主さんのことが大好き!愛猫が心を開いている仕草やサインを見つけよう!