第二の家族を手に入れたアライグマ

怪我をしたアライグマ

アライグマ

ケンプさん親子は,怪我を負った赤ちゃんアライグマを家で世話をすることにしました。パンプキンと名付けられたこのアライグマはやがて怪我が回復し,ケンプさんの娘,ローラ・ヤング(Laura Young)さん夫婦の家へと移りました。
出典:https://www.boredpanda.com/rescued-raccoon-orphan-dog-pumpkin-laura-young/

今度こそは落っこちまいと必死で飼い主さんの手に掴まるパンプキン。

よほど木から落ちたのが痛かったのでしょうね。

それにしてもアライグマの赤ちゃんってぬいぐるみみたいで本当に可愛いですよね。

すっかり家族に溶け込んで・・・

アライグマ

ヤングさんが飼っている救助犬2匹ともすっかり仲良くなって,彼らやヤングさんたちが行く所どこにでもついて行くのです。
出典:https://www.boredpanda.com/rescued-raccoon-orphan-dog-pumpkin-laura-young/

犬とアライグマの珍しいツーショット。

突然やってきた異種の生き物でも,パンプキンの性格のおかげですっかり仲良くなったようです。

このアライグマと犬の目にはお互い自分とは全く異なる姿が映っているのでしょうが,心の中では全く同じ仲間の姿が映っているようです。

イヌとして生きるアライグマ

アライグマ

「パンプキンはすっかり自分のことをイヌだと思っているみたい。彼女はイヌたちと一緒に遊んだり,邪険に扱ったりしているけど,やっぱり彼らを尊敬しているみたい。」とヤングさん。
出典:https://www.boredpanda.com/rescued-raccoon-orphan-dog-pumpkin-laura-young/

まるで人間のような格好をしてソファーに座る2匹の動物。

イヌ,アライグマという域を越えてすっかりヤングさんの家族の一員です。

家族の中にもこんな感じで寄り添ってソファーに座っている人たちはいませんか?

なんだか他人事のように思えないですよね。

里親は犬

アライグマ

パンプキンを育てるのがこの救助犬に与えられた任務のようです。
出典:https://www.boredpanda.com/rescued-raccoon-orphan-dog-pumpkin-laura-young/

パンプキンが眠る姿を優しく見守る犬。

この優しそうな眼差しにパンプキンに対する愛情を感じます。

本当の母親とは離ればなれになってしまったけど,彼女には新しく素敵な家族ができたようです。

仲良し家族

アライグマ

みんなとっても賢く,お互いに心を通い合わせているように見えるとヤングさんは言います。
出典:https://www.boredpanda.com/rescued-raccoon-orphan-dog-pumpkin-laura-young/

たまたま訪れた家の庭で不運な事故に遭ったパンプキン。

母親とは離ればなれになってしまったけど,運よく親切な家族との出会いを経験しました。

この事故が無ければ,優しい飼い主さんや素敵な犬の仲間に出会うことがなかったでしょう。

人生本当に何があるかわかりませんよね。

情報提供元:mofmo
記事名:「 自分のことをイヌだと思っているアライグマ