保護犬・・・

保護犬

Robert Kneschke/shutterstock.com

犬を飼ったことがある人は、どこかのタイミング考える「保護犬」。日本でも愛護団体や、ボランティア、NPOなど様々な団体があります。

いろいろな団体があり、様々なサポートをされています。最近ではテレビでも保護犬のことを、取り合う使われる番組が放映されたりして、犬を飼っていない方でも保護犬の現状を知っているかと思います。

あまりにも飼われている犬たちとの環境が異なり、胸が痛くなってしまうこともあります。

だからこそ目を背けず、少し考えて、自分に何ができるのかを少し立ち止まって考え、小さな行動を起こしてみるきっかけになればと思います。

そこで今回は、保護犬について書いていきたいと思います。

保護犬の現状

保護犬の現状

ALPA PROD/shutterstock.com

飼い主さんに捨てられたり、飼い主さんが病気で犬が飼えなくなってしまい、行き場がなくなってしまった犬たちは、どこへ行くのでしょうか?

都道府県各自治体の保健所や動物愛護センターと呼ばれている施設に送られることになります。

そして保健所や動物愛護センターなどで、健康面や性格などに問題がなければボランティア団体や動物愛護センターへ連絡が行き、飼い主さんのお迎えを待つことになります。

ただ受け入れ先に限界があり、対象から外れてしまうと一定期間を施設で過ごし、殺処分されるのです。昨年は一万頭以上の犬が殺処分されています。猫に関しては犬よりも数が多く四万五千頭以上になります。

とても厳しい現実です。安楽死させてもらえてないのが現状です。

この問題の原因のひとつにブリーダーと呼ばれる人たちのモラルも問題になっています。

2013年に動物愛護法が改定され、犬や猫の販売業者は、病気や老化なので販売できなくなった犬や猫を、最期まで飼育しなければなりません。

つい最近までこの法律がなかったことにも驚きますね。

規制が強化されたことで、多くの犬を飼っている悪質なブリーダーは、処分に困り大量廃棄したという報道がありまだ記憶に新しいと思います。

ちょっと想像してみると、ペットショップにはいつでも小さな犬や猫が販売されているということは、この状態を保つ仕組みがあるということです。多くの犬や猫が繁殖に使われているという現実が隠れています。

ただ繁殖のために飼われていた犬や猫たちが、繁殖できなくなると用がなくなり捨てられるという現実があります。

日本ではまだまだ動物後進国で、動物先進国のドイツ、イギリス、アメリカなどでは、悪質なブリーダーやペットショップには厳しい罰則があります。ちないみにドイツでは殺処分0なんです。

日本ではまだまだこれらの先進国のようになっていないのが現状ですが、日本の犬たちが幸せに過ごせるように整備できたらいいなと思います。

保護犬の里親制度を知ろう

里親制度

SewCream/shutterstock.com

全国には、次の飼い主さんを待つ「保護犬」と呼ばれるわんちゃんがたくさんいてます。

それぞれの動物愛護団体やボランティアによって異なるので一概にはいえませんが、保護犬の飼い主になるためには、飼い主さんになる方の飼育環境や、犬の性格や状態をしっかり理解してもらうこと、そしてお見合いの後、一定期間のトライアル期間を経て正式に譲渡となります。

それぞれの愛護団体やボランティアのHPへ行くと、里親を待っているわんちゃんや猫ちゃんの写真が掲載されています。

保護犬を飼えなくでもできる!

保護犬のことを知ると胸が痛くなって、どうか保護犬や保護猫たちが幸せに過ごせますようにと願うのですが、実際に手を差し伸べるとなると、なかなか腰が上がらないということありますよね。

例えば毎日忙しく生活をしていたり、またすでに犬を飼っていて、もう一匹を飼うのは難しい状況であったりと、なかなか里親になるというのはハードルが高くなってしまいます。

私自身も愛犬を飼っているので、もう一匹飼が飼えないでいてる一人です。

里親になれないならボランティア活動をしてサポートするという方法もありますが、そうすると自分の飼っているわんちゃんに寂しい時間をすごさせてしまうことになり、なかなか足が向きませんでした。

そんな中でも何かできないかと探していると、いくつかできることがあるようです。

皆さんも私と同じような状況の人には一度試してみて、実際に愛護団体やボランティアの活動を見てみることから始めてみてはいかがでしょうか?

小さなサポートその1:募金をする

募金貯金箱

thitikan chuachan/shutterstock.com

愛護団体や個人でされているボランティアの方の中に募金を募っている団体があります。

ただきちんとした団体かどうかはしっかりと見極めることが大切です。ですので実際に足を運んでどのような活動をしているのか、そして会計報告がきちんと報告されているか、スタッフの対応はどうかなど、誠実な団体かどうかをしっかりと見極めましょう。

また認定されたNPO法人への寄付金は所得税と住民税から一部減額されることがありますので、お住いの都道府県市区町村の税務署に問い合わせるのもおすすめです。

またペットショップや動物病院などにも募金箱が置いてあります。そこで募金をすることで、小さな活動のサポートになります。

ここで少し犬の保護に関する経費についてどんなものがあるのか書いてみます。 ・維持費(光熱費、家賃など) ・犬の搬送費用(車にかかる経費、ガソリン代、駐車場など) ・去勢費用 ・病院・薬代 ・ワクチン代 ・食事代 ・トイレシーツやおむつなどの日用品 ・ゲージ、サークルなどの備品 ・洋服、リードなど

上記に挙げただけでも、費用がかかるのだとわかりますね。

小さなサポートその2:必要な物を寄付する

犬を飼ったことがある人なら、犬を飼うことで必要なアイテムがあることはおわかりですよね。

小さな幼犬から年を重ねた老犬まで、様々な年齢の保護犬をお世話をすることは大変なことです。まずは自分が住んでいる地域のボランティア団体や動物愛護団体を調べて、譲渡会などのイベントなどへ出向いてみましょう。

そこでスタッフの方に必要な物、例えば冬だと毛布やわんちゃんの洋服、そして餌など今不足しているものが何かを聞いて、ものを寄付するということでもサポートができます。

私は以前新聞紙と洋服を寄付したのですが、寄付をした団体は犬と猫が200頭以上いて、常にものが足りていない状態であること、そしていただくものに偏りがあることを教えてもらいました。

新聞や洋服の他にも、シャンプーや洗剤、ペットシーツなどの消耗品は常に必要なアイテムですので、重宝されると思いますが、それぞれの団体で寄付を募っているのか問い合わせてみましょう。

小さなサポートその3:譲渡会などのイベントに参加する

動物愛護団体や支援団体が主催しているイベントでは、譲渡会の他にもグッズ販売を行っているケースがあります。

カレンダーやマグカップ、コースターなどの販売利益が活動資金になります。

里親になれないからとイベントに参加しないというのではなく、商品を購入することで、保護犬や保護猫のために使われ、小さなサポートになります。

またこの他にはもフリーマーケットを開催したり、団体のオリジナルアイテムの販売なども活動資金になりますので、自分の好きなデザインがあれば購入するとサポートにもなります。

小さなサポートその4:資格を持っていたらできることで参加する

トリマーやトレーナーといった資格をもっている場合は、その技能を使ってサポートをすることもできます。

毎日は通えないけれど、一ヶ月に2回なら時間が取れるという方など、空いた時間を自分ができることでサポートできます。

その場合は、各団体の方に技能をしっかりと伝え、サポートが必要かどうかを問いあわせてみましょう。

もっと気軽に保護犬と接したい方には保護犬に出会えるカフェがおすすめ

各団体のイベントなどは土日の休日に行われることが多く、休みが合わないという方もいらっしゃいますよね。また譲渡回まではと足踏みされている方にもおすすめなのが、保護犬に会えるカフェです。

まだまだ浸透していないので、始めて聞くというかたもいるかと思います。

普通のカフェで、気軽にそしてゆっくりとお茶を楽しめる上に、保護犬にも会えるというカフェなのです。

東京や大阪などの都心部を中心に徐々に増えていて、あまり深く考えなくても、猫カフェならぬ犬カフェだと考えてもらえるとわかりやすですね。

このカフェの特徴は、誰でも気軽に利用できて、可愛い犬が出迎えてくれます。

そして自由にふれあいができます。またカフェによっては、おやつやご飯を与えることもできるカフェがあります。

また、愛犬を連れて行くこともできます。保護犬だからといってしつけができていないわけではないので、安心です。

里親になるために:必要な知識と注意点

必要な知識

Rawpixel.com/shutterstock.com

さて保護犬を飼うことを選択したら、まずは知っておきたい知識や注意点があります。

犬の幸せを願い里親になるとは思うのですが、もう一度しっかりと理解して、保護犬を安心して幸せに過ごせるように心がけてあげてください。

犬たちの過去を知る

保護犬たちは、様々な経緯で保護犬になります。ブリーダーさんが放棄したり飼い主さんのいろいろな事情で飼えなくなってしまったり、震災などで飼い主さんとはぐれてしまったり。

ペットショップやブリーダーさんから購入して犬を飼う時とは、状況が違うことが殆どです。

わんちゃんによっては、人間のことを信じられないと思っているわんちゃんもいてます。

人への信頼がなく、恐怖を持って犬、そして怖さのあまり威嚇行動を見せる犬などの過去は計り知れないものがあります。

そんなわんちゃんはなかなか心を開いてくれないので、ゆっくり時間をかけて信頼関係を築いていくしかありません。

犬との10の約束をしよう

これは保護犬だけではなく、犬を飼う人全ての人が犬と約束をしてほしいと思います。

生まれてから死ぬまで、犬と生活をすると決めたら約束をしましょう。

1.私と気長に付き合ってください。 2.私を信じてください。それだけで私は幸せです。 3.いうことを聞かないことがある時には、理由があります。 4.私にも心があることを忘れないでください。 5.私にたくさん話しかけて下さい。人の言葉は話せないけれど、わかっています。 6.私を叩かないでください。本気になったら私の方が強いことを忘れないで。 7.私が年をとっても、仲良くしてください。 8.私は十数年しか生きられません。だからできるだけ一緒にいてください。 9.あなたは学校もあるし友達もいます。でも私にはあなたしかいません。 10.私が死ぬ時、おねがい、そばにいてください。どうか覚えてください。私があなたをずっと愛していることを。

里親になるには条件があります。

保健所、各NPO団体、個人のボランティアなどから犬を譲り受けて里親になるためには、いくつかの条件があります。これは保護犬が再び悲しい思いをしないための条件です。

それぞれの団体で条件は異なるのですが、どれも犬の幸せを思ってのことです。

残念ながら里親詐欺や動物の飼育不適な人から犬を守るためにあります。

里親になりたいと手をあげても、里親になれない場合もあります。そこも理解して手をあげましょう。

里親になるための条件の一例です。

年齢(里親さんが高齢すぎると犬を飼えなくなる可能性があるため) 一人暮らし不可 ワンルーム不可 予防接種の義務を果たせるか お留守番の時間(一人でいる時間が長いと犬が寂しがります) 同性カップル不可 多頭飼育不可(愛情のアンバランスや犬同士のストレスを考慮) 完全室内飼育可能かどうか 避妊去勢ができるか

などです。

これはあくまで一例ですので、各団体の方に相談して里親に慣れるかどうか判断してもらいましょう。

里親になるための費用

里親になるためにかかる費用を知っておきましょう。

保健所、愛護センター、ボランティアなどいろいろな施設で保護犬は保護されています。

各自治体や団体によって費用が異なるので、あらかじめ問い合わせてみましょう。

ただペットショップで購入するよりも、はるかに安価です。その安価さと命の重さは全く測れませんので、どうか命を大切にしてあげてください。

またNPO団体などからの犬を受け取る場合には、「譲渡金」「寄付金」という名目で費用がかかります。

これは譲渡する際に、去勢をしたり医療費がかかる場合、里親の方に負担してもらうことがあります。また胃医療費などの費用全額なのか、半額なのかどうかも団体によって異なります。

そして実際に里親さんの家に保護犬が来る時に、団体の方が自宅まで連れて来てくれることがあります。その時にも交通費などは里親さんが負担するケースが多いようです。

このように見えない費用がかかることがあり、トラブルになってしまうこともあります。ですので最初に契約書をしっかりと交わし、細かな点まで聞くようにしておきましょう。

問題行動が出る可能性があります

新しい環境になり、犬たちが少しずつ慣れてきた頃、愛情に飢えていた保護犬たちの中には、問題行動を起こしてしまうケースがあります。

それも含めての犬との生活です。

出来てきたこともしっかりと目を向けながら、苦手なこと、嫌なことも時間をかけてしっかりと理解してあげて、問題行動が出ないような関係性を築いていきたいものです。

1日では、なかなか治らないので、忍耐力が必要ですが、少しずつの変化を楽しめる心の余裕が大切です。

保護犬だからと諦めないで!

保護犬

otsphoto/shutterstock.com

犬は成犬になっても新しいことを覚えることはできる動物です。

ですので、子犬じゃないと難しいと成犬を嫌がる人がいますが、犬は何歳になってもルールや言葉を覚えます。

ただ時間がかかるので、飼い主さんがしっかりとルールやしつけを教えることで、少しずつ保護犬の行動が変わってきます。

また保護団体やボランティアさんがしつけや接し方を教えてくれますので、里親になったら一人で抱え込まずに、困ったことがあったら、相談しましょう。

日本の犬たちの現実を知ると、犬たちの環境の格差があることがよくわかります。劣悪な環境で生活を強いられていたわんちゃんや虐待されていたわんちゃん、そして飼育を放棄されたわんちゃんなど、それぞれの過去があります。

そのわんちゃんたちが幸せに安心して暮らせるサポートをしている団体があり、活動があることを知ること、そしてそんな過去を持った保護犬たちの飼い主になること。

または飼うことはできなくても、できるサポートがあることを知ることで、自分ができることが見えてきます。

ただすべての団体が誠実でないこともしっかりと見極める必要ですね。

改めて、自分になにができ、どんな形でサポートできるのかを見直したいと思います。

また、日本全体のモラルが向上して、動物後進国から動物先進国になれるように、小さなことから初めて、広めていきたいですね。

情報提供元:mofmo
記事名:「 保護犬のことを知ることで、わたしたちにできることを考えてみよう