犬と狼の違いは?

狼

www.flickr.com

犬と狼は異なる動物ですから、違いは明確だと考えてしまいそうですね。

ところが意外にも犬と狼は似たところが多いんです。

似ている点が多い犬と狼ですが、両者の違いとその見分け方について見ていきましょう。

犬の先祖は狼?

医学の進歩によってDNA検査も発展していて、犬と狼の遺伝子も詳しく検査できるようになりました。

遺伝子調査によると、犬と狼の遺伝子はかなり似ていることが判明しています。

犬の中でも最も狼の遺伝子と似ているのが柴犬なんです。

科学的根拠に基づいて、犬の先祖が狼であると言われるのも理解できますね。

野生の狼のうち気質が穏やかな個体を飼育するようになったものが現在の犬であると言われています。

犬の先祖が狼であると言われる理由が分かりますね。

人間に依存して生きるようになったのが犬

自然界で狩猟をして生きている狼です。

犬は自分で捕食せず、人間に依存して生きるようになりました。

飼いならされるので人間に対して忠実に行動します。

犬と狼の体格の違いや特徴

一般的な体格を比較すると犬より狼の方がひと回り体が大きいです。

狼の特徴

体の各部、耳、首、尻尾が犬よりも太くてしっかりしています。

足のサイズも大きいのが特徴です。

もちろん狼にも個体差はありますが、体つきが見分け方のポイントとなります。

犬の特徴

ペットとして飼育されるため、筋肉や骨格が野生の狼ほど引き締まっているわけではありません。

小型犬ほど華奢ですし、大型犬も闘犬用の犬種を除いて多くの犬は筋肉質ではありません。

犬と狼の性格の違いや特徴

犬は飼いならされているため、人間に依存する傾向があります。

ほとんどの犬が人懐っこいのも当然ですね。

犬は人に飼育されますが、狼は野生の群れで生活します。

少しはふれあうことはできても狼は家畜としての飼育は困難です。

人懐っこいかどうかの違いが犬と狼との見分け方の一つです。

狼の特徴

骨格が特徴的で顎骨や筋肉が発達していて、頬骨の位置が高く目がつり上がっているように見えます。

野生なので赤ちゃんの頃から飼い始める場合を別にして、人に懐くことはまずありません。

犬の特徴

どの犬種もしつければ飼い主に従順で、特に大型犬は性格が温厚でしつけによく応じます。

情報提供元:mofmo
記事名:「狼と犬の違いって何?それぞれの特徴から見分け方を解説