野良猫が食べているものって?

猫 野良猫

Chizhevskaya Ekaterina/shutterstock.com

外の世界でたくましく生きている野良猫たち。

野良猫は何を食べて生きているのでしょうか?

野良猫が食べている餌

野良猫はなんでも食べると言われています。

そんなたくましい彼らの食べ物をいくつかご紹介します。

あまりにも食の幅が広すぎて、驚いてしまうかもしれません。

ネズミなど小動物

ネズミは野良猫の格好の餌です。

ネズミ以外にも、野良猫は色々な小動物を食べます。

モグラも野良猫にとっては捕獲しやすい餌のようです。

野良猫の生息している地域によっては、リスを食べ物にしていることもあります。

また野良猫は爬虫類や両生類も食べます。

ヘビやトカゲ、カエルを捕まえて食べる野良猫もいます。

「野良猫の口から何かが飛び出しているな」と思って見たら、カエルの足だったなんてこともしばしばです。

小鳥

猫は肉食なので、小鳥も大好きです。

猫が捕まえた小鳥をプレゼントとして持ってきたなんて話は、よく聞きますね。

餌として食べるだけでなく、ハンティングや遊びを目的に小鳥を捕まえることもあります。

また野良猫が食べるのはスズメなど小鳥だけではありません。

鳩を捕まえて食べることもあります。

さらに身体能力の高い野良猫だと、カラスを捕まえて食べることもあるのだとか。

さすがハンターの血が流れている動物ですね。

野良猫の食べ物は、小動物や爬虫類、鳥類にとどまりません。

なんと昆虫までもが野良猫の食べ物なのです。

特にバッタを好物として食べる野良猫は少なくないようです。

バッタだけでなく、セミやセミの幼虫、カマキリや蝶を食べることもあります。

ゴキブリでさえ食べてしまうのですから、まさにワイルドとしか言いようがありません。

人間が落とした食べ物のカス

街の近くや民家に住んでいる猫だと、人間が残した食べ物を食べていることもあります。

またゴミ箱であさった生ゴミを食べ物にする野良猫もいます。

その他

川辺の近くで暮らしている野良猫だと、川でフナを捕まえて食べていることもあります。

また、猫好きの人が与える餌を食べて暮らしている野良猫もいます。

時には草を食べて体調を整えることもあります。

野良猫は食べ物さえも気ままですね。

情報提供元:mofmo
記事名:「野良猫は何を食べて生きているの?野良猫の食べ物について解説