とろサーモン久保田が、M-1グランプリの審査員を努めておりました上沼恵美子氏に対し、ネット上の動画で暴言を吐いてしまった問題について、本日ビートたけしがTBSのニュース番組「新・情報7daysニュースキャスター」でコメントしました。

たけしはとろサーモン久保田を暗に擁護

それによりますと「俺も昔漫才コンテストみたいのに出たことあるけど審査員には腹がたった」とコメント。とろサーモン久保田を擁護する形となりました。

また、審査員はそれ以後務めないことを心に誓っており、フジテレビのTHE MANZAIの審査員もオファーを断っていたと告白。

また今の漫才と昔の漫才(たけしの時代)は違うので審査にならないと語っておりました。これに対しネット上ではたけしのコメントを評価する方が多いようです。

久保田はM-1グランプリの審査員を務めておりました上沼恵美子氏に対して

酔ってるからっていうのを理由に言いますけど、そろそろもうやめてください、自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください。1点で人の一生変わるんで。理解してください

などと怒りを顕にしている動画が流出しておりました。
これに対し、ネット上では勘違いしすぎている。ふざけるななどのコメントが寄せられておりました。

まだまだこの問題が収束を見せることはなさそうではありますが、これが芸能界の壮大なネタだとしたら我々はしてやられた感は異常です。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「上沼恵美子問題、ビートたけし「審査員は恨まれる」ととろサーモン擁護