ペスト・コレラ・天然痘・赤痢・・・歴史上、今までの人間は様々な「ウイルス」との戦いでした。そんなウイルスも、現代の医学であれば速攻治療することができる。現代の科学はすばらしい。と信じていたものですが、やはり人間は自然に太刀打ちできるものではありません。あっけなく新しいコロナウイルスになすすべもなく、あっという間に世界中に拡散を許してしまいました。

100年ごとにウイルスが拡散する!?

ということで話題となっておりますのは、こちらの年表。今年問題となっておりますウイルス「新型コロナウイルス」は2020年流行しているのは承知の上。で、前回、世界的に問題となったパンデミックといえば、スペインかぜ・・・ではなく実は2009年に「2009年新型インフルエンザ」が流行しております。

記憶に新しい、タミフルなどが使われ、それによって薬の副作用が様々囁かれておりましたが、そんな特効薬でなんとか撃退が可能となりました。

その前は2002年にはご存知「SARS」が世界的に流行。

上記ツイートの他にも実は大きな問題となったウイルスが世界的に蔓延していたのです。ちなみにスペインかぜは1918年から1919年にかけて流行しており、たしかに100年近く前の問題ではありますが、それ以前の「コレラ」「ペスト」などに関しては、一体いつからいつまでが流行とするのかが明確ではなく、正確な情報は明らかになっておりません。

したがって上記の年表は、正確かどうかは疑問であるものの、定期的に人間に甚大なる影響を与えるウイルスが襲ってくるのは事実です。

納棺師のツイートが怖いと話題になりましたが

いずれにせよ、撃退してもまた新たなウイルスが出てくるというこの永久ループ。脱出するのは難しく、人間は永久的にウイルスと戦わなければならないのかもしれません。

画像掲載元:PIXABAY

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「歴史的パンデミックは、100年ごとに繰り返すというツイートが話題に