普段、言いたくても言えないことなどを我慢していたりしませんか?こんな世の中じゃ...と嘆くばかりではもうまさしくポイズンを身体の中に残してしまいます。現代を上手く生きるコツはストレスを抱えずにいる事だと思うので、そういう場合はお上品な魂を宿して、お上品に躱してしまうのはいかがでしょうか。

お上品なお嬢様言葉

お上品と言えばやはり「お嬢様」です。それは草(ネット用語で、笑いの意味の「w」を草に例えて使われ始めた言葉。)、という表現もおハーブ生えますわと口に出してみると、なんだか少し上品な言葉に聞こえてきます。上品は世界を救うのです。

お嬢様らしいけなし言葉リスト、闇が深い

無礼な人=はっきりしていらして

いばっている=自信がおありで

ずるい=世渡りにたけていらっしゃる

けち=合理的な事に徹していらっしゃる

のろま・気がきかない=おっとりしてらっしゃる

うるさい人=いつもお元気そうで

太っている=ふくよかでいらっしゃる

貧相な人=お目立ちになる方ではいらっしゃらない

趣味が悪い=個性的な装いをなさる方で
(一部抜粋)

なんだか、京言葉にも通ずるような素敵な返しです。あくまで品を失わず相手を貶めるという強い意志が伝わってきます。こちらの役に立つお嬢様言葉が載っているのは加藤ゑみ子先生の「お嬢さまことば速習口座」という本。すばらしい信念が伝わります。

Twitterの反応

先輩の自虐とか、確かに滅茶苦茶返しにくいですよね。追撃してもダメだろうし、ヨイショも別にしたくないし。

のろまにも気がきかない人にも使える「おっとりしていらっしゃる。」まあ、言われた方も嫌ではないのがまたこの言葉の良い所ですね。攻撃性が低く聞こえると言いますか。しかも言った方の留飲も下がる。良いですね。

やはりお嬢様言葉は、全人類必携のスキルになり得るという事でしょう。

画像掲載元:ぱくたそ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「お嬢様言葉で優しく罵るけなし言葉を集めたリスト、闇が深すぎると話題に