image:秒刊SUNDAY

コンビニのホットスナックって突然食べたくなったりするものですが、セブンイレブンの唐揚げ「ななから」とかを思わず買ってしまうことってありますよね。おやつやおかずに大活躍の「ななから」ですが、地域によって意外な価格差があるのをご存じでしょうか。その価格差はどこからきているのか、めちゃくちゃ気になったので調べてみました。

「ななから」の価格がいつもと違う!?

筆者の大好物「ななから」なのですが、先日千葉県に仕事で訪れた際に立ち寄ったセブンイレブンで違和感を感じました。いつも3個注文しているのですが、PayPayの引き落とし額を見ると「税抜き240円」になっていたのです。普段は「税抜き150円」なので、その差3個で90円!そういえば若干大きい気がしたのですが、その時はさほど気にも留めませんでした。

それから数日後、別の仕事で埼玉県を訪れた際に60円の「ななから」を発見!これはちょっと混乱してきたので、セブンイレブンお客様相談室に電話をかけて聞いてみました。

「ななから」は4種類存在した!!

ーー お忙しいところすみません。セブンイレブンさんの「ななから」の件で質問なのですが・・・

お客様相談室(以下「相談室」) はい、どういったご質問でしょうか。

ーー 先日、千葉で「ななから」を買った際に値段が80円で埼玉だと60円でした。茨城だと50円なのですが、地域によって価格が違うのか教えていただきたいのですが。

相談室 ではお調べいたしますので少々お待ちくださいませ。

~2分後~

相談室 お待たせいたしました。ご指摘の通り「ななから」は50円、60円、80円のものが存在します。50円は全国、60円は埼玉、80円千葉と北海道になります。

ーー 地域によって値段が変わるのですね。

相談室 さようでございます。ただし50円の全国発売の商品は埼玉、千葉、北海道でも併売されており店舗によって品揃えが違います。また、埼玉のみで販売されている50円の「ななから」もございます。

ーー どの辺が違うのでしょうか

相談室 大きさがお値段によって若干異なります。詳しくはお答えできませんが、ショウガやにんにくの味付けも少々違いがございます。更に埼玉、千葉、北海道の店舗でも全国発売の50円「ななから」を販売している店舗もあるようです。

ーー ご丁寧にありがとうございました。

相談室 ありがとうございました。また何かあればご質問お待ちしております。

違いは「大きさ」と「味」にあった

簡単にまとめると以下のようになります。

埼玉 50円(全国版) 50円(埼玉版) 60円の3種類(※)

千葉・北海道 50円(全国版) 80円の2種類(※)

その他の地域 50円(全国版)

50円(全国版)と50円(埼玉版)の違いは味つけのみ(調味料)、60円と80円は味付けと大きさに違いがあるということで間違いなさそうですね。

※店舗によっていずれか1~2種の扱いがある

参考:セブンイレブン公式サイト

「ななから」最強の食べ方はコレだ!

「ななから」のことを調べていたら食べたくて仕方なくなったので購入してきました。筆者の本拠地は茨城県になりますので、当然50円(全国版)ということになります。

ただお皿に盛り付けるだけでこの迫力!これで1個50円(税抜き)は安すぎだし十分大きい!

そのまま食べてもカリカリジューシーで美味しいのはわかっているので、今回はちょい足し・・・ではなく「ちょい足され」で食してみます。「カレーうどん」にトッピングしてみました!

サクサクの「ななから」がカレーうどんのスープを吸って「最強ななから」にメガシンカを遂げました!!肉汁とカレーの合体攻撃にメロメロです・・・本当にウマいから試してみて!

今回の調査で「ななから」には地域差があり、大きさと味付けによって値段に違いがあるということがわかりました。

そういえば以前「丸から」ってありましたよね、にんにくベースの味付けが美味しかったので再販してくれないかなぁ・・・

そういえば、以前セブンイレブンにウマそうなスイーツが売っていたそうなのですが、理由あって筆者は買うことが出来ませんでした。買えた人たちが羨ましい・・・

source:セブンイレブン公式サイト

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「セブンイレブンななから、地域によって1.6倍もの価格差がある理由を調査してみた