やはりといいますか、案の定という状態になってきました。新型コロナウイルスの影響で、商品の買い占めが発生している模様です。理由としては、そのうち商品が無くなるなどのデマが拡散しているということです。確かにマスクは品薄になっておりますが、どうやら他の商品もそのうち影響が出るのではないかという声が広がっているのです。

商品買い占め始まる

台風や地震等の災害時を彷彿とさせますが、やはり世の中の一部のスーパーやコンビニで買い占めが始まっている模様です。このような商品が品薄になっている状態を見せられると、心理的に今買わなければなくなってしまうという恐れからか、より買い占めを促進させてしまいます。

もちろん、マスクは品薄ではありますが、その他の商品が品薄になるという根拠はなく、単純に商品を大量に買ってしまいそのうち賞味期限を切らすという問題を迎えるのみです。

更にこちらの商品も品薄になっているようです。

トイレットペーパーがなくなるというデマ

トイレットペーパーが品薄になっている模様です。

原因としては、マスク不足によりトイレットペーパーが品薄になるという「デマ」が拡散している模様です。

このデマを信じてしまい、買い占めが発生し、更にそれを見た客が焦って購入という負のスパイラルが生じている模様です。

台風時もこのような問題が発生しましたが

冷静に考えれば、無くなることはなくそもそもマスクとは何の関係もないので、ありえないことではあります。

この今回のコロナショックは一体いつ落ち着くのでしょうか。

画像掲載元:秒刊SUNDAY

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「コロナショックの影響でトイレットペーパーが品切れになる騒動発生