02
空港という場所は、その国においてもかなりセキュリティの高い場所でもあります。理由としてはもちろん、様々なトラブルを発生させやすい格好のターゲットにされやすいからではあるのですが、そんな場所で今回問題となったのはとあるスーツケースに書いてしまったメッセージです。一体何があったというのでしょうか。

ースーツケースに書かれた文字は・・・
さて今回問題になっていたのは非常に紛らわしすぎるメッセージです。掲載内容によりますと、どうやら英語で「BOMB to Brisbane」と書かれているのです。

なんともわかりやすい予告だ、これは危険!と
素人でも分かりそうなメッセージですが、当然のことながら空港がパニック、警察沙汰となってしまったようです。

その後、この荷物の持ち主Venkata Lakshmi(65歳)が直ちに呼び出され問いただすと、なんとも腰の抜けるような経緯だったのです。

57
どうやらこれ「BOMB」とは「ボンベイ」を意味していたらしく、現在のムンバイを表す地名。旧名でしかも略されたので紛らわしいことになってしまったようですが、これは誰にでも起きそうな問題です。

それにしてもボンベイをボムと略すと何かと面倒なことになることは想像出来るはずですが、今回ばかりは警察がしっかり機能していたというベンチマークにはなったのかもしれません。

紛らわしいメモは残しておかないようにしたいものです。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/handwritten-message-grans-suitcase-causes-12319085

画像掲載元:Mirror.uk

(秒刊サンデー:たまちゃん


情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「バーロー!スーツケースに紛らわし過ぎるメモを残し空港が大パニックに!