1

この白い模様は、4月6日の朝に出現しました。白い模様の上に見えるのはタイヤ痕のようでもあります。周りは小石のようです。この場所には、日中にたくさんの車が駐車しています。小麦粉のような物を撒いたようにも見えます。誰かがいたずらでもしたのでしょうか。あたりを見回してみると、この奇妙な模様があちこちにありました。

2

ここには、日中たくさんの車が駐車しているのですが、この長方形の模様の大きさは、ちょうど車が乗ってしまうくらいです。




近くにも同じ模様がありました。先ほどの模様よりは、幾分細長いようにも見えます。

3

これが何なのかお分かりですか。実はこれは融けきれなかった雪です。旭川市では4月4日の夜に降雪がありました。ほんの30分くらいの間に、あたりが白くなってしまうほどの降雪でした。翌朝はあたり一面真っ白でした。

4月という時期ですから、普通ならば翌日には融けてしまうはずでした。しかし、翌日の気温が低すぎたため、車の下の雪は融けなかったのでした。融けきれなかった雪は6日の朝まで残り、このような不思議な模様を作り出したのです。北海道人もビックリです。

桜開花のニュースも流れて、北海道の春も近いと期待していた矢先のことでした。



-旭川地方の天気予報です

YAHOO の天気予報を見てください。見事に雪マークが並んでいます。

wether


雨マークが雪になったり、雪マークが雨になったりして、春はなかなか来てくれません。こんな年は初めてです。4月7日の朝、またまた外は真っ白でした。長方形の白い模様ができていた駐車場も一面白です。天気予報を見る限りでは、10日位からは雪マークもなくなり春らしい日が来てくれるようです。

4

北海道では、冬になるとタイヤの交換をします。冬タイヤと言われるものです。夏のタイヤのままで車を運転することができません。タイヤが滑ってしまって車を制御することができなくなるからです。雪が融けると、今度は夏タイヤに交換します。今年のタイヤ交換はまだまだ先です。ゴールデンうウィークに峠を越えて出かける場合は、冬タイヤでないと安心できません。それまで、タイヤ交換はお預けです。


(秒刊サンデー:わらびもち

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「この白い模様の正体は何だ?この時期の出現に旭川市内には驚きの声多数!